格差社会はいつから始まったのか?

2009.02.02

仕事術

格差社会はいつから始まったのか?

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

土曜日の夜に松山ケンイチさん主演の「銭ゲバ」を見ました。「今の格差社会が許せないだろ」「格差なんてずっとありましたよ」というやり取りを見て、そうだよなあ、と思いました。でも、一億層中流と言われた時代からいつの間に格差社会が到来したのでしょうか?

 日本人の中流意識のピークは1970年代後半ですね。

 みんなが中流と「思っていた」時代ですね。当時の年収データを見ると、インフレとあいまって、比較がリアルにはしにくいですね。

 平均年収は、1970年代後半において、180万円~250万円ぐらいです。国税庁の「民間給与実態統計調査」にデータがありますね。

 当時の上流、中流、下流別など年収のデータは特に無いですね。

 意識調査はありますけどね。「国民生活に関する世論調査」で、上、中の上、中の中、中の下、下という区分けで調べているデータがあります。

 ピークの70年代後半、77年を見てみますと、

(Q)お宅の生活程度は,世間一般からみてこの中のどれに入ると思いますか。
( 0.6) (ア) 上
( 7.5) (イ) 中の上
(59.2) (ウ) 中の中
(23.4) (エ) 中の下
( 5.0) (オ) 下
( 4.2) 不明

 となっています。(イ)+(ウ)+(エ)=90.1です。

 すごいです。9割の人が中ぐらいだと思っています。

 一番最近の調査、2008年を見てみると、

(0.8) (ア) 上
(11.0) (イ) 中の上
(54.7) (ウ) 中の中
(25.7) (エ) 中の下
(6.6) (オ) 下
(1.2) わからない

 となっていますね。上が0.2%、ささやかに上昇していて、中の上もささやかに上昇ですね。

 (イ)+(ウ)+(エ)=91.4

 うーむ。数字のマジックでしょうか?不明、わからないが減っているので、中流と思っている人が増えている結果になっていますね。

 実に面白い。

 確かに、中の下、下と答えている人も増えている。

 確かに、自分は上だ!と言っている人もささやかに増えている。

 最近の平均年収はいくらなんでしょうね?見てみますと、ちょっと古いですが、平成19年、2007年の給与で437万円ですね。

 データ的に物事を言うのはしんどそうですね。意識的なデータから意味合いを読むのは無理がありそうです。

 以前に、「昔は中流が多かったけれど、今は年収が細かく分かれています」という資料を見たことがあります。

 昔の中流が多いには、意識調査の数字を持ってきて、最近の年収が細かく分かれるには、アンケートによる年収調査の数字を出していました。

 横に性質の違うファクトを並べて、さも連続的なデータであるかのように見せていて、驚きました。

 それなりにマーケティングをやっている人からは受け入れられない見せ方ですね・・・。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。