日銀政策への疑問(5)ゼロ金利政策をどう終息させるべきか

画像: Kevin Smith

2018.12.26

経営・マネジメント

日銀政策への疑問(5)ゼロ金利政策をどう終息させるべきか

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

「インフレ率が年平均で2%を突破するまで『ゼロ金利政策』を続ける」という黒田春彦・日銀総裁。その金融政策への「突っ込み」の最終第五弾として、『ゼロ金利政策』をどうやって止めるのかという観点について考えてみよう。

* もちろん、政府のご都合主義の超楽観シナリオに基づくそれは除外する

そしてこうした財政リストラ策と金利正常化は、何とか景気がよい状態を保ち、インバウンド特需が世界からもたらされ、しかも東京オリパラおよび大阪万博が決まっているという、ここ20~30年来で初めての絶好機を迎えている「今」しか実行タイミングはない。この機会を逃すと、次は全てが下降期にある状況で行う「苦し紛れの策」としか取られかねず、政策効果は半減どころか数分の一とかになるだろう。

そしてこの思い切った国家財政のリストラと金利正常化こそが、ニッポンの未来を破綻から救う最善の方策であり、勇気ある選択だといえる。それはすなわち、各方面に痛みを分担してもらう本当の政治家の出番だと言ってよかろう。選挙対策で気になる目先の国民生活だけでなく、将来の国民生活も共に守ろうとするのが本来の政府の役割なのだから。
Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

弊社は新規事業の開発・推進・見直しを中心とした戦略コンサルティング・サービスを提供しております。弊社のコンサルティングの特長は次の4つです。 1.独自の「イシュー分析」手法に基づき、「どういうロジックで、何を検討するのか」というワークプラン、および「誰がいつまでに何をするのか」というWBSチャートを初期段階から明示 ⇒ 迷わない。素早く、前もって動ける。 2.社内プロジェクトチームに少数のコンサルタントが入る混成チームで進める ⇒ メンバーへ刺激。 3.ハンズオン指導と作業分担の組み合わせで進める ⇒ スピード感とメンバー成長の両立。 4.(知識・経験依存でなく)「仮説思考」「ファクトベース」を重視 ⇒ 科学的アプローチによる納得性。 詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。