ライフ・ソーシャル ピックアップ記事

ライフ・ソーシャルの記事一覧

2019.05.08

「ナイーブな」とは「繊細な」ということではない

日沖 博道 / パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

元の意味を知らないままカタカナ英語を使っていると、とんでもない誤解が生じることがままある。特に気をつけるべき言葉の一つが「ナイーブ」だ。

2019.05.07

連休明けもう出社したくなくなっちゃった時

増沢 隆太 / 株式会社RMロンドンパートナーズ 東北大学特任教授/人事コンサルタント

過去に無い10連休という、私のようなフリーでも仕事する人間や、時給日給制で働く人にはありがた迷惑な今年のGWですが、もっと深刻な人もいます。今年の4月から...

2019.05.05

令和時代のネットパラダイム:動画コミュニケーション

純丘曜彰 教授博士 / 大阪芸術大学 哲学教授

/連休明け、天皇と年号が変わっても、前と同じような仕事と生活、という人。時代において行かれます。だいたい、とりあえずパソコン、などというのは、もはや平成老...

2019.05.01

令和元年なので純丘先生はヴァーチャルYoutuberになってみた

純丘曜彰 教授博士 / 大阪芸術大学 哲学教授

/純丘先生の一分哲学!の紹介と反省/

2019.04.24

自動運転車で通勤できる日は来るのか

日沖 博道 / パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

自動運転技術の利点は明らかだが、皆が利用しようとすればするほど都会では渋滞がひどくなり、利用者の満足度は下がることが目に見えている。結局、通勤に自動運転車...

2019.04.21

努力・根性・我慢、そして言いわけの悪循環

純丘曜彰 教授博士 / 大阪芸術大学 哲学教授

/希望する結果から逆算して、水路の分岐点を見つけ、そこを深くしっかり掘ること。そこから流れ出させることさえできれば、あとは結果まで一直線だ。どこからなら選...

2019.04.10

スマホは子どもの精神と脳の脅威、ならばどうする?

日沖 博道 / パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

利便性と時代の流れを理由に学校へのスマホ持ち込みを安易に解禁することは、日本の子どもたちの精神の健康と脳発達にとって大きな脅威となる。徹底的にその害毒を教...

2019.04.02

なぜ写真模写はダメか:著作権以前の写真と絵画の違い

純丘曜彰 教授博士 / 大阪芸術大学 哲学教授

/写真は、しょせん写真だ。画角や深度、膨らみがぐちゃぐちゃで、影も色合いも空気感もでたらめな、そんな立ち位置不明の塗り絵など、まともに調律もできないアマチ...

2019.03.30

「マズローの5段階欲求説」脱却のすすめ

内藤  由貴子

人生100年と言われるものの定年を一つの人生のターニングポイントとして意識する人は多い。食べるための仕事から自己実現のための「ライフワーク」を模索する人も...

2019.03.29

勝海麻衣が猫将軍をパクった件:才能無きワナビーは地獄に堕ちる

純丘曜彰 教授博士 / 大阪芸術大学 哲学教授

/どうも近ごろ、アーティストやジャーナリスト、学者、医者、弁護士、さらには漫才師まで、肩書を、タレントとして有名になるためだけの差別化手段と勘違いしている...

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。