au明細書の“海外通信料金84万円也”に驚かされた

画像: CNN International Edition

2015.04.24

経営・マネジメント

au明細書の“海外通信料金84万円也”に驚かされた

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

一昔前と違って、国際電話がとんでもない高額になることは最近少ない。ましてやデータ通信であればなおさら。にもかかわらず、データ量を抑えながらネットを使ったのに、帰国後に取り寄せた明細書には桁違いの料金表示が…。心臓に悪い、こんな『ふっかけ商売』はなしにして欲しいもの。

小生宅では携帯サービスはauを長年使っている。

この4月、仕事兼家族旅行で台湾に3泊4日滞在し戻ってきたばかりの翌日、KDDIからのショートメッセージが入っていたのが、そもそもの始まりだ。いわく、「パケット通信料が10,000円を超過しております。お問い合わせ:TEL157」となっていた。今まで受けた記憶がないメッセージだ。

台湾でも日本と同じようにfacebookやメールなどを使っていたが、海外ローミングサービスの設定を事前に済ませ、自動で現地キャリアへの切り替えも行われていた。小生は4G LTE 通信モードのiPhone5を使っているので、「海外ダブル定額」というのが適用され、一日当たり最大で2,980円というのが上限だと知っていた。

4日間のうちスマホを使った頻度は少なく、10,000円超というのはちょっと多いなというのが正直な感想だった。事実、3月のニュージーランド(NZ)出張時にも同様の設定と使い方だったが、特にそうしたメッセージは届かなかった。それなのに台湾では何か違ったのかしらん、と首をひねっても何も思いつかない。

そこで指定された番号に掛けて料金について問い合わせしてみると、応対はあまり要領を得ない。ショートメッセージの通り「パケット通信料金が10,000円を超えている」こと、彼らは明細を見ることができないこと(じゃあ何のための問い合わせ先なのやら…)、通信明細については本人から郵送での請求手続きをしないといけないことぐらいしか分からない。

埒が明かないので、明細請求手続きの用紙を郵送してもらうことにした。

後日、その請求用紙が届いたので署名捺印し、免許証コピーと共に郵送した。この煩雑さはきっと、あまり気軽に明細請求されるとかなわないので、わざと面倒にしているのだろうが、互いに無駄なコストだ。

それから数日後、件の「通話明細書」なるものが自宅に届いた。それを見て、実に驚いた。

「グロパス(CDMA/GSM)パケット通信明細/LTE通信」という項目に、4日間の通信ごとのバイト数と利用地域(および現地のキャリアの略称らしきアルファベット3文字)が10行ほど列挙されており、その後に「通信料合計」として841,592円という数字が記載されていたのだ。

最初はコンマではなく小数点なのかとも思ったが、よくよく見ると桁数は6つ。ゆっくり数えたが84万円超だ。

他の項目を見ると、(国内の)通話明細やSMS送信明細に加えて、(やはり国内の)こくパケット通信明細も記載されていたが、それらは割引や定額サービスのため微々たる金額なのだ。どうやら84万円超の金額を国際通信料金として本当に請求されるのだと理解した。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

当社は新規事業の開発・推進・見直しを中心とした戦略コンサルティング・サービスを提供しております。代表である私は、30年にわたる戦略コンサルティングと、実務での新規事業開発の経験を基に、企業の特性と事情に合わせた「実践的アプローチ」、「3倍速のスピード感」、「サイド・バイ・サイドの姿勢」を持って、経営者の思いを実現することを心掛けています。 詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。 中小企業経営者のための会員制の研究会「羅針盤倶楽部」では主に「フォーカス戦略」と「新規事業開発」をテーマに講演・ワークショップを定期的に行います。 この「フォーカス戦略」および「羅針盤倶楽部」についてご興味のある方には無料ニュースレターにて関連情報をお届けしますので、下記のURLをクリックしてメールアドレスをご登録ください。 http://www.pathfinders.co.jp/app-def/S-102/cms/sq1 登録していただいた方には、フォーカス戦略の重要性が分かる小冊子ファイル「フォーカス・スピード・徹底が盛衰を分かつ」(日沖博道著『BPMがビジネスを変える』からの抜粋)を無料ダウンロードできるお知らせが届きます。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。