マックカード500円分を100円で販売するポンパレの思惑は?

2011.08.09

営業・マーケティング

マックカード500円分を100円で販売するポンパレの思惑は?

山田 美帆
カラーコンサルタントRosa 代表

「マックカード500円分を100円で販売」!5月末からしつこいほど目にしたこの広告。結局誰が得をしたのか考えてみました。

「マックカード500円分を100円で販売」

今年5月末から、ネット上のさまざまなサイトで、この広告をしつこいほど目にしました。

このプロモーションを行ったのは、リクルートが運営する「ポンパレ」。マックカードとは全国のマクドナルド店舗で利用可能、しかも有効期限もなく、送料もポンパレが負担です。ひとり一枚、同一世帯は最大5枚まで購入できました。
ちゃんと広告には、「日本マクドナルド株式会社は、本プロモーションのスポンサーではありません」との注意書きもありました。

結局、開始5日目には販売50万枚を突破して、結局どのくらい売れたかは不明ですが、ポンパレ・マクドナルド・購入者、誰が一番得をしたか、いまさらながら考えてみました。

以前も記事にしましたが、世の中には「フラッシュマーケティング」つまり「共同購入型のクーポン販売サイト」と呼ばれるサイトが数多く存在し、競争しあってます。
今年の年初には詐欺のようなおせちが問題になりましたね。
それ以来多くのサイトは、慎重になってると思います。

フラッシュマーケティングに出店する店舗側のメリットとしては、知名度アップや新規顧客の開拓につながり、先に入金があるのでキャッシュフローやお客の稼働率もよくなると言われています。

それが正しいかどうかはともかく、今回はポンパレがそこまでして、お金をかけた理由はなんだったのでしょう。
ポンパレはこのキャンペーンを行うまでは、業界首位のグルーポンにかなりの差をつけられていましたが、このマックカードを販売することによって、知名度も上昇、しかも莫大な数の顧客情報を手に入れることができたでしょう。7月の売り上げはほぼグルーポンに並んでおり、業界一位になるのもすぐではないかと思います。
これだけの効果を出すことができれば、マックカードをポンパレが購入して配っていたとしても、広告・宣伝費としては決して高くないですよね。
マクドナルドの知名度をうまく活用した戦略だったと思います。

マクドナルドにとっても、これだけ多くの購入者が、マックカードを使うためにお店に訪れるわけです。しかもカードの金額以上を使う方も多いはずです。かなりの売り上げ増にもつながってるのではないかと思います。
おまけにマクドナルドはスポンサーではないので、お金は出してないため、勝手に宣伝してもらったようなものです。

購入者にしても、100円で500円分利用できるのでうれしい限りです!ただ、中には、たった400円で個人情報を提供したのではないかと考える人もいるでしょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

山田 美帆

カラーコンサルタントRosa 代表

Ciao!カラーコンサルタントRosa代表の山田美帆です。 INSIGHTNOWのリニューアルに伴い、3年ぶりに戻ってまいりました! これからもINSIGHTNOWの「色物」として頑張ります(笑) こちらでは、カラーマーケティングをはじめとして、女性マーケティング・ビジネスマナーについてお話したいと思います。 また、美容やアンチエイジングについても書いていくつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします♪

フォロー フォローして山田 美帆の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。