第4回:キャリアの心構え(キャリアデザイン基礎講座)

2010.10.16

ライフ・ソーシャル

第4回:キャリアの心構え(キャリアデザイン基礎講座)

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

以前別のところで公開したものですが現在閲覧できないため、インサイトナウにて改めて公開します。キャリアデザインの基本的な考え方が理解できます!

第4回 キャリアの心構え

前回は、

「キャリアの持論(自論)」を持つことの大切さ

についてお話しました。

「キャリアの持論(自論)」とは、自分自身が心から受け入れられる「キャリアの目的」や「キャリアの意味」のこと。

そして、キャリアの持論は、端的には日々の行動における判断基準となる「価値観」とも言え、持論を持つことによってキャリア上の意思決定における判断の迷いが少なくなり、迅速な決断力と強い行動力が生まれるということでした。

今回は、「幸せなキャリア」をつくっていく上で、基本的に備えておくべき「心構え」についてご説明します。

[「キャリアの心構え」とは?]

「心構え」とは、文字通り「心の持ち方」のことです。自分自身の「キャリア」をどのような「心の持ち方」で受けとめ、どのように対応すべきなのかについての基本指針となります。

そしてまた、「キャリアの心構え」は、「キャリアの持論」がある・なしに関わらず、まずこのような「考え方」をできるようになれば、「幸せなキャリア」への道が開けると、私が信じていることです。

この「キャリアの心構え」は、私がこれまで見聞きした様々なキャリアの先輩の方々の話やキャリア関連の本・資料など、膨大な情報や文献を咀嚼した中から取り出したものであり、「これがエッセンスだ!」と考える次の3項目です。

・健全な自己中心主義
・健全な危機意識
・健全な諦念感

上記3つの言葉は、あえて不自然な言い回しにしてありますが、そこにはちゃんとした意図があります。では、それぞれの項目について説明しましょう。

[健全な自己中心主義]

端的に言えば、二度とない人生、やり直しのできない人生なのだから、自分が心から納得できるキャリア、人生を選択しましょう、ということ。

自分が納得できさえすれば、またハッピーになれるのであれば、他人がなんといおうが気にしない、わが道を行く。要するに、「ワガママ」、「自己中心的」になるということです。ただし、社会の一員として生きていく以上、人様に危害を与えたりするような行き過ぎた自己中心主義はもちろんだめです。

自分の欲望のままに、殺人や窃盗を行えば犯罪者です。また、犯罪にならないまでも、周囲の人を裏切ったりだましたりすれば、あなたはいつしか誰からも相手にされなくなる。ですから、「健全な」自己中心主義と申し上げているわけです。

前回のキャリアの持論の話の最後に紹介した心理カウンセラー、衛藤信之先生の言葉もまさに、健全な自己中心主義を提唱するものですよね。ここに再掲します。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。