第6回:キャリアの羅針盤(キャリアデザイン基礎講座)

2010.10.16

ライフ・ソーシャル

第6回:キャリアの羅針盤(キャリアデザイン基礎講座)

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

以前別のところで公開したものですが現在閲覧できないため、インサイトナウにて改めて公開します。キャリアデザインの基本的な考え方が理解できます!

第6回 キャリアの羅針盤

今回は、あなたが

「どんな人生を‘成功’と考えるか(考えたいか)」

についての基本的な方向性をお話しましょう。

私は今、あえて「成功」と書きましたが、「成功」という言葉で多くの方がイメージするであろう

「金持ちになる」「偉くなる」「有名になる」

といった目標は、誰もが望むものではないことはおわかりになりますよね。

キャリアや人生には本来、絶対的な目的はなく、大事なのはあなた自身が幸せと感じる、また納得できるキャリアかどうかである、ということは、当キャリアデザイン基礎講座第3回「キャリアの目的」で強調しました。

ですから、私は、納得できるかどうかに基づく「幸せなキャリア」の実現を支援することを基本指針としているわけです。世間では、「成功するキャリア」と言うのが一般的なので、あえて冒頭にそのように書きましたが、「成功するキャリア」もまた、「幸せなキャリア」であることを大前提としている点をぜひご理解ください。

[キャリアの羅針盤は、キャリアの持論を形成する核となるもの]

また、第3回では、「幸せなキャリア」を実現するために、あなたなりのキャリアに対する価値観や考え、すなわち「キャリアの持論」を明確化しておくことをお勧めしましたが、今回お話しする「キャリアの羅針盤」は、その持論を形成する核となる生き方の「指針」です。

羅針盤、すなわち方位磁石を持っていれば、あなたの人生、キャリアにおいて進みたい方向を間違ったり、迷うことがありません。ですから、特にキャリアの転機をあなたが迎え、転職や第二の人生を踏み出す時に大いに役立つものになるでしょう。

[キャリアの羅針盤:5つの方向]

さて、今回ご紹介する「キャリアの羅針盤」は、米国ブリカムヤング大学教授、Brookly Derr氏の米国人対象の研究に基づいています。Derr先生によれば、膨大な数の社会人にヒアリングした結果から、人生やキャリアに対する社会人の「基本的な価値観」(大切にしたいこと)、具体的には「どのような人生を生きたいか、どんな働き方をしたいか」は、大きく次の5つの方向に集約できることがわかっています。

1 上昇(Getting Ahead)
2 安全(Getting Secure)
3 自由(Getting Free)
4 成長(Getting high)
5 バランス(Getting Balanced)

では、それぞれの「方向」を持つ人は、おおよそどんな考えや価値観を持ち、どんな行動を取る傾向があるのかを以下で説明します。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。