マクドナルドに見る笑顔を引き出させる工夫

2007.10.03

仕事術

マクドナルドに見る笑顔を引き出させる工夫

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

多くのアルバイトを抱えつつ、お客様に対して適切なサービスを提供しているマクドナルド。 ちょっとした工夫の中にも、その秘密があるようです。

久しぶりにマクドナルドへ行きました。
大学時代に3年ほどアルバイトをしていましたので、いろんな意味で懐かしさや思い出を感じる場所なんです。

今でもそうですが、マクドナルドはスピードが命です。
一気に焼けるパティ(=ハンバーガーに入っている肉)が12個だったので、

「12個のハンバーガーを作るのに何秒かかるか」

という競争を、アルバイト仲間みんなで無意識にしていました。
ほんとに「1秒」を、手の皮に軽いやけどをおいながら、それでも競っていました。
アルバイト料が劇的に変わるわけでもないのに、なんでそんな心境になっていたのかわかりませんが、「ハンバーガーを作る」という仕組みの中に、構造的にそういう心境にさせる“何か”があるのかもしれません。

そんな構造を、今日はレジで目の当たりにしました。

セットをいくつか頼み、レシートが出てくる。これはフツウですよね。
レシートに続けて、レジのアルバイトが注文を忘れないように、「バーガー1」「ビックマック1」「ポテト2」「ジュース2」などと書かれたチェックシートも自動的に出るようになっています。
これもよくある光景でしょう。

そのシートに「ストロー2」という、レジ近辺で付け加えなければいけない付属品まで書かれて自動的に出てくるんですよね。
たいしたものだと思いました。

まず、これにより、初めて加わったアルバイトでもスムーズに業務に入ることができます。

でも、それだけじゃないと思うんです。

ここで「ジュースの人はストローを…」とか、「アイスコーヒーの人だからシロップとマドラーを…」などという気を遣わせないことによって、アルバイトはお客さんだけを見ることができますよね。

これはとても大事なことなんです。

別の和食チェーン店でアルバイト経験もあるのですが、このときは「でしゃっぽ」(←名前は正確ではないかもしれません)という、
・1つ1つ出された商品(うどん、煮物…など)を決められた通りに並べる
・付属品を適切に置く
という役割をこなすアルバイト要員が必ず1名配置されました。
常にその担当だった僕の頭の中は、「これ置いて、あーあれも必要で…」ということでいっぱいいっぱい。。。

それに対してマクドナルド。
常にお客さんに対し、笑顔を醸し出せる秘訣を感じました。

マニュアル化出来るところは徹底的にマニュアル化。
その上で臨機応変の姿勢を、労働者に忘れさせないような工夫。
これは商売を形作る上での大切な仕組みです。

次のページ自動的に出てくる備品名とともに、「スマイル0円」という...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。