「面白い人ほど会社を辞める」のか?

2011.09.19

組織・人材

「面白い人ほど会社を辞める」のか?

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

「面白い人ほど会社を辞めていく」「いやそんなこたない」― 活躍する20代ブロガー2名の記事。 ここから感じたこと、考えたこと。

元博報堂、高木新平さんのブログ、タイトル「博報堂を辞めました」
http://shimpe1.com/?p=84
が、Web上で大変話題になっています。

こちらを受けて、人気ブログ「ソーシャルウェブが拓く未来」ライターのイケダハヤトさんが、タイトル「「面白い人ほど会社を辞めていく」3つの理由」
http://www.ikedahayato.com/?p=4983
という記事を書き、その記事に疑念を持ったサイバーエージェントの若手旗手、渡邉大介さんが、タイトル「「面白い人ほど会社を辞めていく」なんてこたない、3つの理由。」
http://impresario.me/yamenaiyo/
という記事にまとめています。

3名の20代。
「職」に向き合い、表現し、多くの方に伝えている3名の若者に、まずは拍手を送りたいと思います。
なんとなーく、今の仕事を続けているだけの年配者は、この3名を見習わなきゃ、ですよね。
僕も身が引き締まりました。

さて、では、ほんとに「面白い人ほど会社を辞める」のでしょうか…?

以降、「面白い人」の定義を、イケダハヤトさんのブログから引用し、「自己表現が得意で、会社以外の活動も本気で取り組んでいる活動的な人」とさせていただきます(渡邉大介さんのブログの起点となっている表現でもあるため、ここから外れるのは両者に失礼かと思いまして)。

私自身の感覚では、「辞める人の中で、面白い人」の割合は、「辞めない人の中で、面白い人」の割合より高いと思います。
一方で、「辞める人の中で、自分勝手な人」の割合は、「辞めない人の中で、自分勝手な人」の割合より高いとも思います。
ざっくりと、残りの人を「普通の人」とすると(苦笑)

辞める人/面白い人:普通の人:自分勝手な人=2:6:2
とどまる人/面白い人:普通の人:自分勝手な人=1:8:1

になるのが、組織ってものではないかなーと思うわけです。

だから、面白い人ほど会社を辞める、というのは、現象だけ見ると当たっていると感じます。
しかし、「面白い人」が会社を辞める理由として、イケダハヤトさんが指摘された3点は、表層的なものにすぎないと思うんです。

面白い人が会社を辞める理由―
それは、「辞めた自分の方が、自分と関係する社会総体に価値を生み出せる」と感じるから、ではないのでしょうか。

なぜ、上であえて「自分勝手な人」を定義したかと申し上げると…
上記のような本質的な「(面白い人の)辞める理由」を除くと、イケダハヤトさんのブログで指摘された3つの理由は、「自分勝手な人」にも当てはまるからなんです。

次のページ収入は、自らが社会に創出した価値の対価です。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。