世界で最も革新的な企業

米ビジネスウィーク誌4月28日号の特集記事は、ずばり、『世界で最も革新的な企業』。グーグル(2位)、トヨタ(3位)、アマゾン(11位)などが上位にランクイン。さて、新しいキーワードは、「顧客エクスペリエンス」・・・。

「世界で最も革新的な企業は?」

という質問に、皆さんだったらどう答えるでしょうか。

米ビジネスウィーク誌4月28日号の特集記事は、ずばり、『世界で最も革新的な企業』でした。これは、同誌とボストン・コンサルティング・グループの協業によるもので、世界最大規模2,500社の幹部約3,000人を対象にしたアンケート結果に基づくものです。なかなか奥の深い内容でまだすべてを消化できていないのですが、簡単な感想としてごく個人的に面白いと思ったことを二、三挙げてみたいと思います。

まず、気になる順位ですが、上から

1位.アップル
2位.グーグル
3位.トヨタ
4位.ジェネラル・エレクトリック
5位.マイクロソフト

となっています。やっぱりアップルは、画期的なタッチスクリーン・デザインで、携帯電話市場を揺るがしたiPhoneの市場導入が評価されているようですね。

また日本企業もなかなか健闘しています。トヨタ(3位)を筆頭に、任天堂(7位)、ソニー(9位)、ホンダ(16位)の4社が上位20位に堂々ランクインという快挙です。

この調査結果で最も興味をひかれたのは、各企業の「革新要因」のひとつに、「顧客エクスペリエンス」が含まれていたことです。この調査では、アンケートの質問内容の中で、各企業について、「その企業の、『何が』革新的なのか」を訊ねているのですが、「商品」、「サービス」、「プロセス」、「ビジネス・モデル」といった要因に並んで、「顧客エクスペリエンス」が挙げられていたのです。

上位の企業でいうと、グーグル(2位)や、アマゾン(11位)は、「顧客エクスペリエンス」の革新に秀でた企業として挙げられています。ちなみに日本企業は、トヨタを除く他の3社すべてが、「商品」の革新に秀でていると評価されていました(トヨタの革新要因は、「プロセス」だそうです)。やはり日本は「ものづくり大国」なのですね。

「顧客エクスペリエンス」は、定義するのが非常に難しい言葉です。アメリカでもいろいろなことが言われていますが、「企業との触れ合いにおいて、顧客が経験することの総合評価」とでも言ったらわかりやすいでしょうか。商品の品質や、従業員の対応や、プロセスにおける利便性などなど・・・、それらひとつひとつの要素を単独ではなく、包括して捉えたときに、顧客が下す評価。それが、「顧客エクスペリエンス」ではないかと思います。

最近になって、「顧客エクスペリエンス」という言葉は、顧客主導型市場の本格化に伴ってより一層注目されてきています。企業評価の指標のひとつとしても、重視されるようになってきているということです。

次のページ「仕組み」

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「アメリカで『小さいのに偉大だ!』といわれる企業の、シンプルで強い戦略」(2016年4月、PHP研究所)、「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。