危機的状況から学ぶイノベーションの教訓

画像: 石塚しのぶ撮影

2020.04.28

経営・マネジメント

危機的状況から学ぶイノベーションの教訓

石塚 しのぶ
ダイナ・サーチ、インク 代表

コロナクライシスの緊急事態のニーズに応え、多くの会社が急遽ピボット(方向転換)を行っている。平時には腰の重い企業が、緊急時になるとまるで生まれ変わったように俊敏に「イノベーション」できるのはなぜだろう。緊急時の在り方から学び、平時にも応用できる教訓がありそうだ。

全米中のありとあらゆる会社が防護用品の製造に参入している。ニュージャージー州を本拠とするベッド用品の製造会社エクリプス・インターナショナル(Eclipse International)やオハイオ州の女性用衛生用品の製造会社アント・フロー(Aunt Flow)などがその良い例だ。前者はマットレスの、そして後者は生理用ナプキンの製造に用いられる原材料と製造ラインを活用しマスクの製造に乗り出した。

イギリスの大手掃除機メーカー、ダイソン(Dyson)は、企画からわずか10日間で人工呼吸器の製造を開始した。ピッツバーグを本拠とする二酸化炭素抽出技術会社サー・プロセス(Thar Process)は、現在、ハンド・サニタイザーの製造に注力している。

世界中の企業が、実に素早くコロナ・ウイルスとの戦いに参戦している。これは称賛されるべきことではあるが、多少不思議なことでもある。

危機的状況にこれだけのスピードで対応できる企業が、平常時のイノベーションに関しては実に腰が重いのはいったいなぜだろう。

これらの企業で、普段、イノベーションの妨げになっているのは、1)短期リターンを求める投資家たち2)利益確保に偏ったフォーカスを置きがちな財務担当者たち3)官僚主義とサイロ型組織だが、非常時にはこれらの障壁が取り除かれることが理由らしい。

自動車メーカーのフォード(Ford)の例を見てみよう。フォードはここ数年、「事業刷新」を経営テーマに掲げてきたが、新製品開発のスピードの緩慢さと株価の低迷に悩まされてきた。

2020年3月、世界的なコロナ・クライシスの影響で自動車売上はほぼゼロにまで落ち込んだが、その苦境のさなかにも、フォード社はある偉業を成し遂げた。

わずか2週間半のうちに、フォードは医療用フェイス・シールド約240万個の製造を完遂したのである。世界中のサプライ・チェーンが混乱に陥る中、資材を調達し、製造し、週末をかけて全米の医療施設に完成品を供給したのだ。

電気自動車の製造ではイーロン・マスクのテスラ(Tesla)に先を越され、過去15年低迷状態を続けてきた会社とは思えない、極めて敏速な遂行だった。

コロナ・クライシスの非常時に、緊急にフェイス・シールドやその他の防護用品を製造し、全米中の医療施設に供給するというこのプロジェクトは、フォード社内では「プロジェクト・アポロ」と呼ばれる。

「プロジェクト・アポロ」は、デトロイトのサテライト・オフィスを本拠として運営されている。フォード本社自体は政府の指導により休業しているが、「プロジェクト・アポロ」の担当者のみが任意で働いているのだという。そして約300人の工場作業員が週7日間、休みなくデトロイト郊外の製造所を稼働させている。

開催終了

ウェビナー:スモール・ジャイアンツを目指せ!ーコア・バリューがつくる戦略的企業文化ー

開催日: 2020年07月07日(火)
提供会社: ダイナ・サーチ、インク
対象: 企業の経営者/リーダーの皆さま
場所: ZOOM (オンライン)
過去の参加者: 株式会社ISSUN、株式会社イベント21、共栄産業株式会社、錦城護謨株式会社、ディライト株式会...
参加費用: 一般¥12,000(税抜)/お一人 コア・バリュー経営協会会員¥10,000(税抜)/お一人
備考: *コア・バリュー経営協会 会員についての詳細はコチラ *同業者の方の受講・入場を制限させてい...

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

ダイナ・サーチ、インク代表 https://www.dyna-search.com/jp/ 一般社団法人コア・バリュー経営協会理事 https://www.corevalue.or.jp/ 南カリフォルニア大学オペレーション・リサーチ学科修士課程修了。米国企業で経験を積んだのち、1982年に日米間のビジネス・コンサルティング会社、ダイナ・サーチ(Dyna-Search, Inc.)をカリフォルニア州ロサンゼルスに設立。米優良企業の研究を通し、日本企業の革新を支援してきた。アメリカのネット通販会社ザッポスや、規模ではなく偉大さを追求する中小企業群スモール・ジャイアンツなどの研究を踏まえ、生活者主体の時代に対応する経営革新手法として「コア・バリュー経営」を提唱。2009年以来、社員も顧客もハッピーで、生産性の高い会社を目指す志の高い経営者を対象に、コンサルティング・執筆・講演・リーダーシップ教育活動を精力的に行っている。主な著書に、『コア・バリュー・リーダーシップ』(PHPエディターズ・グループ)、『アメリカで「小さいのに偉大だ!」といわれる企業のシンプルで強い戦略』(PHP研究所)、『ザッポスの奇跡 改訂版 ~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略~』(廣済堂出版)、『未来企業は共に夢を見る ―コア・バリュー経営―』(東京図書出版)などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。