アップルストアの生みの親が老舗デパート再建に本腰

2012.01.26

経営・マネジメント

アップルストアの生みの親が老舗デパート再建に本腰

石塚 しのぶ
ダイナ・サーチ、インク 代表

アップルストアの生みの親として、「ジーニアス・バー」など画期的なサービス・モデルを世に打ち出した米国リテール業の導師ロン・ジョンソンが老舗デパートの再建に乗り出した。果たして起死回生はあり得るのか?

日本の皆さんには今ひとつ馴染みが薄いかもしれませんが、アメリカにはJ.C.ペニーという老舗デパートがあります。創業1913年で、1928年には既に全米で1,000店舗を運営していました。40年代にはあのウォルマートの創設者であるサム・ウォルトンが小売の経験を積んだお店でもあります。

かつては一世を風靡したJ.C.ペニーですが、店の雰囲気といえ、品揃えといえ、近年ではまったく冴えない存在になってしまいました。多少辛辣な言い方をすれば、「デパート」とは名ばかりの安売りの店になってしまったといってもよいでしょう。

そのJ.C.ペニーの最高経営責任者にロン・ジョンソンが就任したのは昨年6月のことです。ロン・ジョンソンといえば、アップルストアの生みの親であり、アメリカ小売業の「グールー(導師)」とまで称される人です。そのジョンソンが、J.C.ペニー再建の最後の切り札として、「デパート」という概念を根底から破壊し、その店舗の一新を図る、という発表を行い、アメリカの小売業界に波紋を呼んでいます。

ロン・ジョンソンと彼のアップルにおける功績については、私が今年4月にコラボ・セミナーを行うチップ・コンリー氏の著書『PEAK』にも書いてありますが、彼はアップルストアのコンセプトづくりに「PEAK経営」を応用し、「お客様自身もはっきりとは認識していないニーズ」に応えることを目指して、ジーニアス・バーのような画期的なサービス・モデルを創り出したといいます。

その彼らしく、ジョンソン氏がJ.C.ペニーの最高経営責任者に就任して真っ先にやったことは、一顧客としてJ.C.ペニーのメール配信リストに登録することだったとか。あくまで、「お客様の視点からビジネスを見る」ということをモットーとしているんですね、このジョンソンという人は。

そして気づいたのは、毎日のように、そしてひどい時には一日のうちに数回もやってくるメールの嵐。それもすべてが安売り情報ばかりです。皆さんも身に覚えがあると思いますが、今どきは誰でも「ジャンク・メール(「がらくたメール」という意味で、迷惑メールのこと)」に飽き飽きしています。宣伝のメールには目を通さない人も多いですし、あまり頻繁にメールされると、それだけで悪印象をもってしまうことも少なくありません。

再建への試みのひとつとして、ジョンソンはこのJ.C.ペニーの「安売り体質」にメスを入れることを発表しました。現状、J.C.ペニーではなんと全商品の3分の2が常に50%かそれ以上のディスカウントで売られているというのですが、一時的な目玉として提供される「バーゲン・セール」をやめ、その代わり商品の店頭価格を軒並み40%程度引き下げることを決定しました。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。