セレブが火付け役のツイッターをビジネス眼で読み解く(後編)

2009.05.09

経営・マネジメント

セレブが火付け役のツイッターをビジネス眼で読み解く(後編)

石塚 しのぶ
ダイナ・サーチ、インク 代表

「セレブの暇つぶし」でも、「子供の遊び」でもないツイッター。ミーハーな話題に惑わされることなく、しっかりウォッチしていく必要あり。企業がその価値をどう刈り取れるのか、アメリカの事例から考察してみる。

ツイッターというツールは、ウェブの影響で促進された今どきのライフスタイルや、消費者のマインドセットにうまく合致している。ここで、キーワードをふたつ挙げよう。

キーワード① 「いつもつながっている」
これは、先に述べた、「顧客とお近づきになる」というコンセプトにも深く関連している。「デジタル・ネイティブ」と呼ばれる、80年代以降に生まれた若者たちを中心に、今どきの顧客は、「いつもつながっている」企業から買いたい、と望むようになっている。

ただ、「モノを売ってるところ」としてではなく、どんな性格の人(会社)なのか、顧客は知りたがっている。だからこそ、環境問題や社会問題について、企業がどんな考えを持っているのかが、重要になってくる。心情や感性がマッチしている会社「波長が合う」会社から、顧客は買いたい。

また、「すぐに返事をくれる」こともますます重要になってきている。最近、アメリカでは、ツイッターをカスタマー・サービスに利用する会社が出てきている。ツイッターでの書き込みをモニタリングしていて、「ひどいサービスを受けた・・・」などと苦情をつぶやく人がいると、「何かお手伝いできることはありますか」と即座に返答するのだそうだ。顧客の苦情を何としてでも避けようとする企業が多い中で、こんな行動は顧客の驚嘆と感動を生む。「私のことを気にかけてくれる」という、思いやりのブランドづくりにも役立つ。

キーワード② 「持ちつ持たれつ」
ツイッターに限らず、ウェブの世界は本質的に、「持ちつ持たれつ」が原則である。ブログにコメントを書いてもらったら、コメントバックする。友だちを紹介してもらったら、こちらも誰かを紹介する。

ツイッターは、この「持ちつ持たれつ」を実践し、顧客と、「恩義」の関係をつくっていくのに最適のツールである。ツイッターは、顧客と「いつもつながっている」ツールなので、その環境を利用して、いろいろな情報を発信していくことができる。それも、「顧客のためになる」、「顧客が面白いと思う」情報をだ。例えば、食品メーカーなら、レシピ情報を配信したり、スポーツ用品のお店だったら、スキー情報やサーフィン情報を流してもいいだろう。そこに、販促情報をうまく織り込んでいくのだ。

たいていの人は、「いつもお世話になっているから、あの会社から買おう」と思うものだ。この、「恩義」の感情に訴えない手はない。別に、顧客を「利用」するわけではない。顧客にメリットを与えて、その代わりに顧客からもメリットを享受するのだ。そして、顧客(買い手)と企業(売り手)がお互いにハッピーになる、ウィン・ウィンの関係を築くことができる。

次のページウェブ時代の消費者のニーズや性質

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「アメリカで『小さいのに偉大だ!』といわれる企業の、シンプルで強い戦略」(2016年4月、PHP研究所)、「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。