愛犬・愛猫の長生きの秘訣とは…?「うちの子に嫌われないホームデンタルケア」~歯ブラシを使ってケアをするまでの4つの段階~

2016.08.15

ライフ・ソーシャル

愛犬・愛猫の長生きの秘訣とは…?「うちの子に嫌われないホームデンタルケア」~歯ブラシを使ってケアをするまでの4つの段階~

武田 真優子
つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

3歳以上のイヌ・ネコの80%以上が「歯周病予備軍」といわれています。この予防には歯磨きはじめ「ホームデンタルケア」が大切です。今日は、”うちの子”に歯ブラシを使ってケアするまでの段階を、お伝えします。

あなたの”うちの子”、ホームデンタルケアしていますか?

ホームデンタルケアは、やろうと思ったその日から始めることが出来ますが、いきなり歯ブラシを口に突っ込むことは避けてください。二度とさせてくれなくなる場合があります。

何事もはじめが肝心です。ほんの少しずつ、少しずつ続けることが大切です。


■歯ブラシを使えるようになるまでの4段階と詳細説明を書きます

①口の周りを触られることに慣らす

②口の中に指を入れてみる

③ガーゼを使ってみる

④歯ブラシを使って磨く


①口の周りを触られることに慣らす

嫌がらないように、ちいさくちいさく慣れさせる。もっとも時間をかけたい段階です。

口の周りを触って嫌がらなければ、ほめて、大好きなおやつを与える。この繰り返しで、できることを増やしてゆきましょう。


②口の中に指を入れてみる


あなたの”うちの子”の歯並びがどうなっているかを確認しましょう。

短頭種(シーズー、パグ、ブルドッグなど)は、アンダーバイトといって、かみ合わせが反対咬合(受け口)なっていることが正しいのですが、それゆえ、歯並びがかなり複雑です。”うちの子”の歯並びを知り、それに合わせて優しく歯ブラシを当てるための段階です。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

武田 真優子

武田 真優子

つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

ペットホスピスをつくるために地方移住予定/うさぎと暮らすペットヘルパー/認定動物看護師。老齢動物介護/グリーフケア/ペットマッサージ

フォロー フォローして武田 真優子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。