​愛犬・愛猫の長生きの秘訣とは…?「うちの子に嫌われないホームデンタルケア」~なぜ歯磨きが必要なのか~

2016.07.12

ライフ・ソーシャル

​愛犬・愛猫の長生きの秘訣とは…?「うちの子に嫌われないホームデンタルケア」~なぜ歯磨きが必要なのか~

武田 真優子
つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

3歳以上のイヌ・ネコの80%以上が「歯周病予備軍」といわれています。この予防には歯磨きはじめ「ホームデンタルケア」が大切です。このケアを嫌がらず、お互いに楽しんでしてゆくためにはどうしたらいいのか、一緒に考えてゆきましょう。

■「そういえば、うちの子、口が臭いかも…」

イヌのデータですが、口臭は年齢と主に増え、6歳以上の26.5%に見られ、4頭に1頭が口の中に何かしらのトラブルを抱えています。

「そう、獣医さんに言われたから、歯磨きしようと思ったんだけど、うちの子はどうしても嫌がるのよ。」

このようにおっしゃる飼主さんに、何度もお目にかかったことがあります。うちの子が嫌がること、できればしたくないですよね。嫌がるだけならまだしも、うなったり噛みついたりするイヌ・ネコもいるのです。(記者は実際に、咬まれたことが数度あります)

これは当然のことで、イヌ・ネコは歯磨きをする習慣がありません。ヒトの子どもも、歯磨きを嫌がるとき、全力で逃げようとすることがありますよね。でも、子どもの歯磨きはしますよね。

しかし!ここまで読んでくださった飼主さん、この記事を読んでも、横にいるうちの子に歯ブラシを突っ込まないでください!98%以上、嫌われます!!



■イヌの歯石のなりやすさは、ヒトの3倍の速度

「うちの子に歯磨きしてるわよ」という飼主さん、それは素晴らしいことです。


  • イヌは、食事をして3~5日で、歯石になります。
  • ネコは、食事をしておよそ10日で、歯石になります。
  • ヒトは、食事をしておよそ10~14日で、歯石になります。


イヌは、ヒトの3倍の速度で、歯石になりやすいのです。3日に1回歯磨きをすることで、十分な効果があります。


一度歯石になってしまうと、全身麻酔をかけ、機械で処置を行うしかありません。(無麻酔下での処置という方法もありますが、記者はお勧めはしません。理由は後述します)

つまり、歯石の予防に最大の効果を発揮するのが、飼主さんにしかしていただくことのできない「ホームデンタルケア」なのです。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

武田 真優子

武田 真優子

つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

ペットホスピスをつくるために地方移住予定/うさぎと暮らすペットヘルパー/認定動物看護師。老齢動物介護/グリーフケア/ペットマッサージ

フォロー フォローして武田 真優子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。