​愛犬・愛猫の長生きの秘訣とは…?「うちの子に嫌われないホームデンタルケア」~いつから、はじめたらいいの?~

2016.07.26

ライフ・ソーシャル

​愛犬・愛猫の長生きの秘訣とは…?「うちの子に嫌われないホームデンタルケア」~いつから、はじめたらいいの?~

武田 真優子
つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

3歳以上のイヌ・ネコの80%以上が「歯周病予備軍」といわれています。この予防には歯磨きはじめ「ホームデンタルケア」が大切です。今日は、「ホームデンタルケアをはじめる時期」について、お伝えします。

■すこしずつ、すこしずつケアすることがコツ

「そうよね、歯みがきね、大事よね!」と、今まで歯みがきをしたことがないあなたの”うちの子”の口の中に歯ブラシ突っ込むことは、絶対避けてください!

98%嫌がりますし、あなたにうなったり噛みついたりするようになるケースもあります。何事も初めが肝心です。もし、まだ歯みがきをしたことがなければ、それはチャンスです。今日からすこしずつ、すこしずつはじめましょう。

どれくらい「すこしずつ」かというと、「3ヶ月かけて歯ブラシを使って磨けるようになる」というイメージです。驚くほど「すこし」ですよね。

でも、これくらい「すこし」でないと、大人になってからはじめて歯みがきをしようとしても、ペットたちには受け入れてもらえないのです。それも「一度でも嫌な思いをすると、その記憶は消えない」のです。ここが、ヒトと多くの動物との違いなんですね。

飼主さんにしかできない「ホームデンタルケア」だからこそ、ここぞというところは細心の注意を払って"うちの子"と楽しくケアしていただきたいな、と思っています。


■「子犬の頃は、乳歯が抜けるから、ケアしなくていい?」

いえいえ、この時期だからこそ、していただきたいのです。

この時期とは、いろいろなことを受け入れやすい「社会化形成期」です。この時期に歯ブラシに慣れておくと、大きくなってからも受け入れやすくなります。

ただし、乳歯から永久歯に生え替わるときは、派の周囲が赤くなるので痛みがあります。その周辺は無理に行わないようにしてくださいね。


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

武田 真優子

武田 真優子

つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

ペットホスピスをつくるために地方移住予定/うさぎと暮らすペットヘルパー/認定動物看護師。老齢動物介護/グリーフケア/ペットマッサージ

フォロー フォローして武田 真優子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。