顧客と共に「汚れと戦う人々」、メソッド社の流儀

画像: チョコラテ

身体と環境に優しく、目に楽しい日用品を追及するメソッド社。その根底にある「顧客とブランドの間の壁を取り除く」というコンセプトとは?

「身体と環境にやさしく、目に楽しい」をコンセプトに洗剤などの日用品の企画・開発・製造を手がけている「メソッド」という会社をご存知だろうか。

米サンフランシスコを本拠とする会社だが、日本にも支社をもち、製品も流通しているので、その名前に聞き覚えがあるという人もいるかもしれない。

4月の初めにサンフランシスコで行われたコンシャス・キャピタリズム・カンファレンスで、同社の共同創設者兼パーティ・スターター(パーティ発起人)であるエリック・ライアン氏のスピーチを聴く機会があったので、今日はそのハイライトを皆さんとシェアしたいと思う。

まずライアン氏は、化学作業員かはたまた宇宙飛行士を思わせる真っ白の防護服とゴーグルに全身を包み、さっそうと舞台に登場。聴衆の喝采を買った。(同じ衣装が同社初のTVコマーシャルの中にも登場する。見てみたい人はこちら。出演者はなんと、ギタープレイヤーを除きすべてが社員。)

ライアン氏は同カンファレンス中、スピーカーとして、またパネラーとして三回登壇したが、その都度この衣装に着替えるという趣向の凝らしようだった(ちなみに観客席にいる時には普通の格好をしていた)。同社のコア・バリューである「メソッドの『ヘンさ』を維持する」をまさしく地でいっているわけだが、その視覚的な奇抜さに負けずとも劣らず刺激的なメッセージがあった。

「顧客とブランドとの間にある壁を取り除く。それが、メソッドのやり方です」

メソッドでは社員のことを、「汚れと戦う人々(People Against Dirty)」と呼ぶ。そして、顧客も同じく「汚れと戦う人々」だ。

日常の汚れ。化学物質によってもたらされる環境の汚れや人体の汚れに対して、新しい商品提案、新しい消費スタイルをもってして果敢に立ち向かっていこう、というのが、メソッドのメッセージなのだ。

パタゴニアが最たる例だが、社会に貢献する確固たる目標を掲げて、それに熱烈に共感してくれる人(社員、顧客)を集めることが、これからの企業にとっての繁栄の条件だと私は思っている。

社員、顧客、そして社会と共に夢を見る企業。それを私は「未来企業」と呼んでいる。先に述べたパタゴニア、ザッポス、ホール・フーズ・マーケット、グーグル、スターバックスなどがそうだ。

もはや、商品やサービスのメリットや効能を顧客に信じてもらうだけでは足りない。会社(ブランド)そのものを信じ、世の中で会社が成し遂げようとしていることを信じ、応援してもらうことが必要なのだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。