これからの企業は、ドラッカーの「社会生態学」に注目せよ

先週、ボストン近郊で行われた企業文化のカンファレンスで、ドラッカーの「先見の明」を改めて実感しました。これからの企業戦略は「パーパス(存在意義)」の追求から。

先週のはじめ、マサチューセッツ州ボストン近郊で行われた企業文化のカンファレンスに出席してきた。

オープニングの基調講演では、世界最大のナチュラル/オーガニック・スーパー、ホール・フーズ・マーケットの創設者兼CEOであるジョン・マッキー氏が、企業にとっての「パーパス(存在意義)」の重要性について語っていた。我々の提唱する「戦略的企業文化」の中でもこれは非常に重要(必要不可欠)と考えているので、私自身、我が意を得たり、とうなづきつつ聴いていた。

近年、アメリカのビジネス界では、この「パーパス」ということが盛んに話題にされるようになってきた。「パーパス」とは、従来的に「ミッション」と呼ばれるものとは根本となる考え方が異なる。

「パーパス」というのは、まさに、「社会のソーシャル化」を背景として際立ってきた考え方だ。2005年くらいを境として、各種テクノロジーの発展のおかげで生活者のネットワーク化が大きな規模、そして目覚しいスピードで進んだ結果、社会の透明性が高まり、企業と生活者の間の壁がどんどん薄くなってきた。それが、世界的な生活水準の向上ともあいまって、「社会意識の高い生活者」がもはや「特殊な人たち」ではなく、「生活者のマジョリティ」となってきたわけだ。そして今日、「社会意識の高い生活者」は、「社会意識の高い企業」を求め、社会全体に貢献する明確な目的意識(パーパス)をもち、世に向けて主張する会社を、消費/購買活動をもってして積極的に支持するようになっている。

やや抽象的な言い方をすれば、企業が「何をするか(事業内容)」だけではなく、それを「なぜ(パーパス)、どのように(手段)行うのか」がより重視される時代がやってきたということだ。

私がブログで頻繁に取り上げているザッポス、ホール・フーズ・マーケット、トレーダー・ジョー、サウスウエスト航空、パタゴニアなどはこの筆頭となる企業で、アメリカでは「コンシャス・キャピタリズム(高い社会意識をもつ資本主義)」と呼ばれるムーブメントの先端を行く企業である。

スピーチの中で、ジョン・マッキーは「企業文化の出発点はパーパスであるべきだ」と述べた。これは、戦略的企業文化に関する我々の考え方と合致していて、私が提供するセミナーの中でも、コア・パーパス(中核的存在意義)の考え方を話し、時間が許せば参加者にコア・パーパスとして思いつくものをその場で書き出してもらうなどといった演習も行う。

次のページ社会に貢献し、生活者に支持されるもの

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「アメリカで『小さいのに偉大だ!』といわれる企業の、シンプルで強い戦略」(2016年4月、PHP研究所)、「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。