迷惑メール22億通で収益2千万円。悪徳マーケティングの考察!

2008.09.06

営業・マーケティング

迷惑メール22億通で収益2千万円。悪徳マーケティングの考察!

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

日々、あいかわらず迷惑メールが飛び込んでくる。 誰がひっかかるのか。どのくらいの確率の商売なのか。 知りたいと思っていたら、「悪徳商法マニアックス」というサイトにこんな記事が掲載されていた。

2008年02月15日(金) 13時11分

<迷惑メール>25歳男を逮捕 1年半で22億通

 東京(毎日新聞)
出会い系サイトの広告など「迷惑メール」を一方的に送信したとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは15日、東京都江東区大島6、アルバイト、椎名勇気容疑者(25)を特定電子メール送信適正化法違反容疑で逮捕したと発表した。06年5月~07年12月に約22億通の迷惑メールを送っていたとみて追及する。
調べでは、椎名容疑者は07年11月13日、江東区白河2のアパートで、パソコン5台を使って「今すぐ女性と会いたいというお客様のご要望にお答えいたしました!」という内容の出会い系サイトの広告メールなど9件を、送信者情報を架空アドレスに書き換えて送った疑い。
椎名容疑者はインターネット上のサイトを通じ、送信先のアドレス約80万件を10万円で購入。知人を介して知り合った広告主から出会い系サイトの広告メール送信などを請け負っていた。送信相手がサイトに登録すれば、1件ごとに1500~2000円の報酬を受け取っていたという。調べに「約2000万円稼ぎ、海外旅行や中古車購入に使った」と供述しているという。

続いて、記事からこんな試算をしている。
1件ごとに、1500~2000円、約2000万円稼いだとのことだから、
申し込み件数 = 2000万円 ÷ 1500円 = 約1万3千件となり、
迷惑メールを見て購入に結びつく割合は、
申し込み割合 = 約1万3千件 ÷ 約22億通 = 0.0006 % = 6ppm
メタミドホスの残留農薬基準値(キャベツの場合)は 1ppmだから、
6ppmというのは、かなり高い。
※ちなみに、宝くじの1等が当たる確率は、0.1ppmです。

千葉県の流山市や島根県の松江市の人口が約15万人だから、
中堅の地方都市のすべてのヒトにあたって1人が反応するかどうかくらいの確率なわけである。15万にメールを打って、149999通のメールは捨てる。残りの1人にかけるという「おかまいなしの仕組み」を、ビジネスと呼んでいいものかどうかはわからないが、きわめてインターネット的であると言える。

一方、しつこい営業のセールス電話は、どのくらいの確率で成約に結びついてるのであろうか。あるオートコールのシステムを売っている営業用のサイトには、こんな記述がある。

例えばDMにしても、1000通だして、990通くらいはゴミ箱直行、10枚位は目に留めてもらえて、そのうちの1人か2人位が反応してくれる・・・・そんな反応ですよね?

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る