商社マン しんちゃん。 走る! (27)

2009.10.09

営業・マーケティング

商社マン しんちゃん。 走る! (27)

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

~高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ~ 1980年~90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。

前号までのあらすじ】

海外の名だたる企業とビッグビジネスをすることを夢見て、憧れの
総合商社に入社したしんちゃんであったが、配属後すぐに地道な国
内商売の担当になってしまう。 同期が華やかな輸出入ビジネスな
どの海外取引、海外出張などグローバルなビジネスに関与しだし始
めているなか、自分は一体いつまで地味な国内商売に関与し続けな
ければならないのか?  一体いつになったら海外とのビジネスに
携わることができるのか? と、自分の抱いていた夢やあこがれと
現実のギャップに毎日悶々と自問自答する日々が続いていた。
3年目を迎えたある日、海外への飛躍の機会が突然転がりこんで来
た。  ただ、出張を命じられた国は、戦争真っただ中のイスラム
の大国、イランであった。 そこでは、日本ではとても経験できそ
うにない体験が待っていた。
いよいよ海外の顧客とのネゴシエーション(交渉)が始まった。
さー百戦錬磨の中東のクライアントにしんちゃんはどう立ち向かう
のか?
クライアントからの突然の難題に、東京に助けを求めるしんちゃん
だが・・・・。

「一円足りとて値引きは駄目だ! ここは強気で行け!」

電話口の関は相当熱くなっていた。

 < ようもまー、 一気にまくしたてよったなー。 この。
   それもまた簡単に一円たりとも引くな いうとるし >

「それと、後ひとつなんだっけか。 
 あーそうだ。L/Cの件だったな。
 それについては、事前にそういうことを、お前は聞いてくるだ
 ろうとマイクが予想して、調べてくれている。
 マイクに替わる」

と言って関は引っ込んだ。

 <  あー、良かったー。 かなわんで。 あんなおっさんの
    がなり立てる声、イランくんだりまで来て。 
    聞きとうないわ。 ホンマ  >

「どないですか? 自分」

電話口で懐かしい声がした。

入社直後の本社で、突然、声をかけられて、ふっと目の前を見る
と、青い目をした金髪の端正な顔立ちの白人青年が、ウインクを
しながら、話しかけてきた。

そのマイクであった。 

当時、マイクと名乗る謎の白人青年を何気なく観察してみた。 
見事な金髪がウェーブをしながら輝いており、透き通るような色
白の肌に、まるで地中海の海岸のエメラルドブルーのような濃紺
色の深い美しい瞳とまっすぐ鼻筋の通った高い鼻をもった、まさ
にこれぞ白人美少年ともいえる風貌を持っていた。

言うならば、ウィーン少年合唱団の美少年が、そのまま
大人になったという感じであった。
それが、何でこんな鉄火場のような商社に、悠然と存在している
のか不思議でならなかった。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。