商社マン しんちゃん。 走る! (18)

2009.07.22

営業・マーケティング

商社マン しんちゃん。 走る! (18)

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

~高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ~ 1980年~90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語 を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。

【前号までのあらすじ】

海外の名だたる企業とビッグビジネスをすることを夢見て、憧れの
総合商社に入社したしんちゃんであったが、配属後すぐに地道な国
内商売の担当になってしまう。 同期が華やかな輸出入ビジネスな
どの海外取引、海外出張などグローバルなビジネスに関与しだし始
めているなか、自分は一体いつまで地味な国内商売に関与し続けな
ければならないのか?  一体いつになったら海外とのビジネスに
携わることができるのか? と、自分の抱いていた夢やあこがれと
現実のギャップに毎日悶々と自問自答する日々が続いていた。
3年目を迎えたある日、海外への飛躍の機会が突然転がりこんで来
た。  ただ、出張を命じられた国は、戦争真っただ中のイスラム
の大国、イランであった。

第三章 初めての海外出張

大日本商事テヘラン支店は、機械、鉄鋼、石油などの取引を中心とし
日本人駐在員数20数名を誇る中東における重要な支店である。

支店を構えて30年以上は経つ、大日本商事の海外支店の中でも伝統
のある海外支店のひとつであった。

「な、何だ?これは」

日本酒1ダースの箱を宮田からすっと差し出された永井店長は、目
を丸くして言った。

税関でイラン人の検閲官と同じような詰問を発した。

「君は本当に日本酒を持って入国してきたのか???」

「は、はー・・。そうですけど」

<  え?? それって何なん???  そのリアクションって? 
  そやかてあんたが持ってきてってそう言うてたやないけ・・・>

「今まで恒例行事として冗談半分で東京からの出張者に日本酒の持
 ち込みをお願いはしてきた。 だが、東京本社側もだれもそんなお
 願いを真剣に受け取ってくれないし、今までで本当に持って来る
 人間なんて誰一人としていやしない。

 何故なら、イランの入国審査でとっつかまるのは目に見えている
 からね。 
 だからいつもジョークのつもりで打電していたんだ。 
 本当に日本酒持って入国してきたのはこのテヘラン支店30年以上
 の長い歴史の中でも宮田君、あんたが初めてだ!
 それも何と何と、12本とは!」

宮田は照れ隠しで頭をかいてみたが、これってほめられているのか、
馬鹿にされているのかわからないなと感じていた。

< それにしてもジョークかい!? ええ加減にせーよ。 ほんま
   ・・・  >

長らく日本酒を手にすることがなかったのであろうか、うれしさの
あまり段々興奮してきた支店長は続けた。

「宮田君!!! 実はさらに今日は、君の同期でドイツから同じく
 今日入国してきた石油部の両国君は、なんと、アダルトビデオを
 3本も持って入国してきた。 それも貴重なドイツものだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。