商社マン しんちゃん。 走る! (17)

2009.07.04

営業・マーケティング

商社マン しんちゃん。 走る! (17)

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

~高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ~ 1980年~90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。

【前号までのあらすじ】

海外の名だたる企業とビッグビジネスをすることを夢見て、憧れの
総合商社に入社したしんちゃんであったが、配属後すぐに地道な国
内商売の担当になってしまう。 同期が華やかな輸出入ビジネスな
どの海外取引、海外出張などグローバルなビジネスに関与しだし始
めているなか、自分は一体いつまで地味な国内商売に関与し続けな
ければならないのか?  一体いつになったら海外とのビジネスに
携わることができるのか? と、自分の抱いていた夢やあこがれと
現実のギャップに毎日悶々と自問自答する日々が続いていた。
3年目を迎えたある日、海外への飛躍の機会が突然転がりこんで来
た。  ただ、出張を命じられた国は、戦争真っただ中のイスラム
の大国、イランであった。

第三章 初めての海外出張

「これは何だ!?」

イラン国テヘラン国際空港の税関係官がこれでもかというほどの
ギンギンの疑いの眼で聞いてきた。

その時宮田はとっさに答えた。

「こ、これはTAMAN(田万)というジャパニーズライスジュースだ!」

「ライスジュースだと? それではこの数字は何だ?」

係官が指し示すラベルの先の数字の前後には、カタカナと漢字でこう
書いてあった。

(アルコール分25度)

幸運にもアルコールという文字が英語で書かれていなかったことを
とっさに宮田は確認して堂々とこう言い切った。

「米の成分が25%ということだ」

係官は、宮田の返事に一瞬怪訝な顔をしたが、次々と紙パックを手
にしてしきりに振って、ちゃぷちゃぷという音を何度も立てながら、
他の同僚係官となにやら話してから、最終的に宮田にこういった。

「検査は終了だ。 週刊誌だけ没収する。
 スーツケースのふたをして行ってよろしい」

< あー、 よ、良かったー・・・。  ふー・・・ >

検査自体はものの20分ぐらいだったが、宮田にとっては数時間に
感じられた。

終わったときには汗だくで放心状態であった。

税関を無事めでたく通過した宮田は、バゲッジクレーム(荷物受け
取り場)で心配そうに待っていた内村技師と合流した。

「宮田さん。 絶対出て来れないと思ってました。
 よかった。 よかった。 本当によかった。 
 それにしても日本酒を12本もこのイランに持ち込んだなんて。
 私も中東での仕事長いけどそんな日本人見たのは宮田さんが初め
 てだ」

空港から外に出て天を仰いで見ると、9月のテヘラン市内は、標高
が高いこともあって、深い紺青色に澄んだ青空が広がるとても気持
ちのいい天気に覆われていた。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。