商社マン しんちゃん。 走る! (15)

2009.06.29

営業・マーケティング

商社マン しんちゃん。 走る! (15)

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

~高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ~ 1980年~90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。

第三章 初めての海外出張

「宮田くん。 どこに出張?」

「イランって言われました。」

「えー!? イ、イラン??? 
それは、・・・大変!」

宮田は心のなかで叫んだ。

< よりによって初めての外国、初めての海外出張が
  イランとは! アメリカやヨーロッパはどこへ
  いったんか!?ほんま! > 

当時イランはイラン・イラク戦争の真っ只中であった。
米ソを中心とする世界的な冷戦構造が続く中、旧ソ連
がイランを、米国がイラクを政治的・軍事的に支援して
おり、イラン・イラク戦争は実際は背後の大国が操る泥
沼の戦争の様相を呈していた。

特に米国の全面的支援を受けているイラクは、フセイン
大統領のカリスマ性もあいまって、イランに対して圧倒
的な武力攻撃をしかけ戦況を有利に展開していた。

一方のイランは、旧ソ連から譲り受けた旧式の装備が中
心であるため劣勢に立たされ、国境を越えて音速で侵入
してくる最新鋭のイラク爆撃戦闘機による空爆が首都テ
ヘランやイラク国境付近で頻繁に起こっており、日系企
業主導の幾つかの火力発電プロジェクトなどがイラク軍
の爆撃の被害にあうという報道が連日のように日本でも
なされていた。

今回の出張はまさに空爆のさなかの首都テヘランであっ
たのだ。

「おい、宮田。今回の出張は、お前も関与しているイラ
ンでも有数の企業であるアルミニウム オブ イラン
(Aluminium of Iran Co.Ltd、通称アロイコ{ALOICO})
の案件だ。

今、イランでは民需用の圧延製品の需要が大きく伸びて
いるのはお前も知っていると思う。
特にアルミ箔やアルミニウム缶や自動車のラジエータ用
途などの需要の伸びは顕著である。
アロイコはその需要を大きく取り込もうとしており、そ
れに必要な設備能力の増強のために圧延機を必要として
いる。

そのためのプロジェクトのために出張してもらう。
うちはこの分野で有数の実績を誇る丸の内重工業とコン
ソーシアムを組んで参画している。先日国際テンダー
(入札)があり、うちのコンソーシアムは丸の内重工の
圧延機一式をフルターンキーベースで50億円という数
字で応札した。

この入札書類は一部お前にも手伝ってもらった。
第一次価格審査はおかげさまで無事通り、今回は、第二
次審査である技術検討会がテヘランのアロイコ本社で行
われ、うちのコンソーシアムも呼ばれている。
この技術検討会の結果がよければ大きく受注の可能性が
高まる。これに丸の内重工の技術者らと同行願い、商談
を有利にリードするというのが今回の出張の目的だ」

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。