商社マン しんちゃん。 走る! (20)

2009.08.17

営業・マーケティング

商社マン しんちゃん。 走る! (20)

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

~高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ~ 1980年~90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語 を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。

【前号までのあらすじ】

海外の名だたる企業とビッグビジネスをすることを夢見て、憧れの
総合商社に入社したしんちゃんであったが、配属後すぐに地道な国
内商売の担当になってしまう。 同期が華やかな輸出入ビジネスな
どの海外取引、海外出張などグローバルなビジネスに関与しだし始
めているなか、自分は一体いつまで地味な国内商売に関与し続けな
ければならないのか?  一体いつになったら海外とのビジネスに
携わることができるのか? と、自分の抱いていた夢やあこがれと
現実のギャップに毎日悶々と自問自答する日々が続いていた。
3年目を迎えたある日、海外への飛躍の機会が突然転がりこんで来
た。  ただ、出張を命じられた国は、戦争真っただ中のイスラム
の大国、イランであった。 そこでは、日本ではとても経験できそ
うにない体験が待っていた。
イランに大量の日本酒を持ち込んだことが発端でテヘラン店長を
巻き込んでの大騒動のきっかけを作ってしまった。

「ま、まずい!」とっさにそう思った宮田は、両国に目配せして、
その電気屋の両脇を両国と一緒に一気に抱え込んで、家の外に一気
に連れ出した。

柔道仕込みの両国によって一気に外に放り出された電気屋は頭を抱
えて何かをつぶやきながら、こちらを振り向くことなく「ワー!」
と叫びながら一目散に走って支店長宅の表門から闇の中に消え去っ
ていった。

それを見ていた永井支店長は、先ほどの絶好調の陶酔状態から一転
して意気消沈し、リビングの床にどさっと倒れこむようにあぐらを
かき、頭を抱え込みながら下を向いてこう言った。

「あー、もうこれで終わりだ。
 この伝統ある大日本商事テヘラン支店の輝かしい歴史も今日の
 この日で終わりだ・・・」

「別に電気屋一人に見られたからといってどうってことないじゃな
 いですか」

両国がそういうと支店長は猛烈な剣幕でこう言った。

「なに言ってんだ! バカやろー!
 この国には密告制度というのがあって、もし彼が革命防衛隊に垂れ
 込んだら、彼は政府から表彰をうけ、垂れ込まれた我々には革命防
 衛隊からの査察が入る。 その結果、確実にこの支店の営業免許剥
 奪となり二度とこの国で仕事ができなくなって、責任者は刑罰に処
 せられるんだよ!」

 <  ほら、やっぱり。 そやから止めといたほうがええ
    ように思ったんやけどな・・・。 
    それにしても、自分を長ズボンに着換えさせたあの革命
    防衛隊というのは相当怖いんやな  >

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。