「子ども留守番禁止条例案」の提案議員たちは誰を見ていたのか

2023.11.22

ライフ・ソーシャル

「子ども留守番禁止条例案」の提案議員たちは誰を見ていたのか

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

議論を呼んだ「子ども留守番禁止条例案」を提案した県会議員たちの眼には、自らの周辺の「恵まれた立場の人たち」の家族像しか映っていなかったのかも知れない。今回のような「市民に負担を押し付ける」非現実的な条例案を作るよりも、彼らには「先にすべきこと」がある。

先日、埼玉県の自民党県議団が、小学校3年生以下の子どもだけで公園で遊ばせたり留守番させたりすることを禁止する、いわゆる「留守番禁止条例案」(正式には「埼玉県虐待禁止条例改正案」)を県議会に提出したところ、保護者などから「子育てをしている人の現状を理解していない」「現実的ではない」という声が多数上がり、撤回されたことは記憶に新しい。

条例案が「子どもを放置する虐待行為」とみなして禁止しようとしていた「放置」の内容には、次のような内容が含まれていた。

小学校3年生以下の児童が「子どもだけでおつかいに行く、公園に遊びに行く」「不登校の子どもが家にこもっている状態で、親が買い出しや仕事に行く」「ゴミ捨てに行くため留守番させる」「18歳未満の子と小学校3年生以下の子だけで一緒に留守番をさせる」「車などに(短時間であっても)残していく」「小学校1年生から3年生だけで登下校させる」…等々。

確かに子育てのリアリティーからあまりに乖離している。「子どもの安全を守りたい」という気持ちを否定するつもりはさらさらないが、非現実的な内容だと言わざるを得ない。子どもを家に囲っておけば安全という発想だし、特定の道徳観も透けて見える。

提案した自民党県議団はずっと家にいられる母親を想定していたのだろう。「母親が自宅にいて子育てをすべきだ」という昭和の伝統的な家族観に凝り固まっているようにも見える。

一体、彼らは世の家族の実態をどれほど見聞きしてきた上で、今回の条例案を起案したのか。その視野の狭さには愕然とさせられる。

彼らは自分の家族、自分たちの親の家族、熱心な支援者の家族といった周辺のケースしか見聞きしていなかったのではないか。そうした「恵まれた立場の人たち」の家族であれば、今でも誰か専業主婦がずっと家にいて、子どもから目を離さずに付きっ切りで世話をすることも可能なのだろう。

さらにもしかすると自民党県議団の中には、海外先進国に留学したり仕事で駐在したりした際に、現地では子どもを守るためにその放置に対する厳しい規制があることに感銘を受けて帰国した人もいるのかも知れない。

しかし一口で「家庭」といっても、一人親もいれば、病気や介護すべき家族を抱えながら子どもを育てている人もいる。両親とも昼間は働いていて子どもは託児所などに預けている家庭もあれば、託児所が見つからないまま子どもたちだけで留守番せざるを得ない家庭も少なくないのが日本の実態だ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

パスファインダーズ社は少数精鋭の戦略コンサルティング会社です。「新規事業の開発・推進」「既存事業の改革」「業務改革」の3つを主テーマとした戦略コンサルティングを、ハンズオン・スタイルにて提供しております。https://www.pathfinders.co.jp/                  弊社は「フォーカス戦略」と「新規事業開発」の研究会『羅針盤倶楽部』の事務局も務めています。中小企業経営者の方々の参加を歓迎します。https://www.pathfinders.co.jp/rashimban/        代表・日沖の最新著は『ベテラン幹部を納得させろ!~次世代のエースになるための6ステップ~』。本質に立ち返って効果的・効率的に仕事を進めるための、でも少し肩の力を抜いて読める本です。宜しければアマゾンにて検索ください(下記には他の書籍も紹介しています)。 https://www.pathfinders.co.jp/books/

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。