GAFA分割論の皮肉

画像: Matt Johnson

2019.12.31

経営・マネジメント

GAFA分割論の皮肉

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

米国で論争を巻き起こしている「GAFA分割論」。大統領選に向け、富裕層を叩くことで「私は中間層の味方です」と主張するための政治的な動きだが、一部の投資家にとっては深刻なリスクとみなされている。実現の可能性は限りなく低いが、もし実現したら…?

他にも「GAFA分割論」が実現すると面白い傾向が生まれそうだ。すぐに考えられるのは、GAFA(およびそれに準ずる巨大ICT企業)が今までのように有力な新規競合潰しのために相手を買収するという行動を減らすため、有力な未上場ICT起業家たちはGAFAに買収されるという出口戦略を諦め、IPOにひた走るだろう。

彼らは成長を加速するため今まで以上に思い切った開発・投資・営業努力を重ね、その結果、市場での競争も激化する代わりに、新しい技術・サービスの開発も加速するだろう。それは株式市場には概ね良い方向となって反映され、富裕層など投資家の持つ資産はさらに膨れ上がる可能性が高まる。

つまりウォーレン上院議員は、GAFA創業者をはじめとして、初期に投資したことで莫大な富を得た投資家などの富裕層を叩くつもりで「GAFA分割論」を主張しているのだが、もしそれが実現すると、彼女が目の敵にする富裕層はさらに富を増やすという結果になる可能性が高いということになる。

皮肉なものだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

パスファインダーズ社は少数精鋭の戦略コンサルティング会社です。新規事業の開発・推進・見直しを中心としたコンサルティングを提供しています。https://www.pathfinders.co.jp/  弊社は、「フォーカス戦略」と「新規事業開発」の研究会『羅針盤倶楽部』の事務局も務めています。経営者の方々の参加を歓迎致します。https://www.pathfinders.co.jp/app-def/S-102/cms/rashinban  『ベテラン幹部を納得させろ! ~次世代のエースになるための6ステップ~』がアマゾンのオンデマンド書籍として上梓されました。本質に立ち返って効果的・効率的に仕事を進めるための、でも少し肩の力を抜いて読める本です。宜しければアマゾンにて検索ください。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。