BtoBマーケター必読。新サービスのリリースを任されたときの4つの心構え

2016.05.17

営業・マーケティング

BtoBマーケター必読。新サービスのリリースを任されたときの4つの心構え

チーターデジタル 株式会社
チーターデジタル株式会社

数多くのプロジェクトを手がけてきたエクスペリアンジャパンの吉澤から新任BtoBマーケターの皆様へ、自身の経験をもとに培ったノウハウやTIPSを惜しみなくご紹介します。 今回は、新サービスのリリースプロジェクトに携わる際に持っておくべき4つの心構えをテーマにお届けします。

皆さんこんにちは。エクスペリアンジャパンの吉澤です。 今回は、これまでの自分の経験をもとに、新サービスをリリースする際に心得ておくべきポイントについてお話したいと思います。新しく事業企画やプロダクトマーケティングに携わるようになった新任担当者の方には、ぜひご一読いただきたい内容です。

新サービスリリースはとても面白く、ただ大変なもの

私はこれまでBtoB領域における新サービスのリリースプロジェクトに数多く携わってきました。細かいオプションサービスや製品バージョンアップなどのリリースも合わせると、手がけたプロジェクトは数え切れません。

新サービスのリリースは、とても面白く、ワクワクする仕事です。特に、競合が存在しないブルーオーシャンを開拓する時などは、ゼロから市場を作りあげることもでき、マーケター冥利に尽きます。

しかしその反面、かなりの労力と精神的負担がかかることも事実です。

地道な作業や一人で考えなければならないことも多く、孤独な面がある一方で、ステークホルダーに対して色々調整もしなければならない……チームやプロジェクトをひとつにまとめないといけない……やらなければならないタスクが常に頭の上をぐるぐると回っている状態です。

また、新サービスのリリースは、新しい事業を立ち上げるようなものとも言えます。それだけ責任も重く、リリースまでにはたくさんのタスクが存在します。具体的には、以下のようなものが挙げられます。

1:事業理念、目標(売上高・利益)の設定

2:事業環境分析

3:STP設定

4:ターゲットフィット(4P)

5:ミックスフィット (各サービスの戦略の整合性を確認)

6:事業計画書作成(主に損益シミュレーションなど)

本当なら各項目について一つ一つ説明していきたいところですが、あまりに長くなりすぎてしまうので、ここでは省略させていただきます。今回焦点を当てたいのは、これらのタスクを実行する際に必要な「心構え」についてです。

前置きが長くなりましたが、これまでの私自身の経験を踏まえ、リリースプロジェクトを成功させるために必要な4つの心構えについて、紹介していきたいと思います。

1.最初から完ぺきを求めない

私自身も最初の頃はよくやってしまっていたのですが、戦略の素案を考える段階から、完ぺきを目指そうとしてはいけません。初めて自分に任された大きなプロジェクトだったり、上司や周りの評価が気になったりしていると、すべてをパーフェクトに見せようとしがちです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

チーターデジタル 株式会社

チーターデジタル株式会社

1999年12月設立。グローバルでクロスチャネルマーケティング支援を行うチーターデジタルグループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、およびそれらに関連するコンサルティングサービス・導入支援・業務分析などを提供しています。

フォロー フォローしてチーターデジタル 株式会社の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。