マーケティングオートメーションで、できること・できないこと

2016.11.08

IT・WEB

マーケティングオートメーションで、できること・できないこと

チーターデジタル 株式会社
チーターデジタル株式会社

マーケティングオートメーションとは企業のマーケティング活動を自動化するためのツール、システムソリューションの総称です。会員へのメール配信など手間のかかる作業を自動化することで、マーケティング担当者が企画立案や施策の効果分析など、より成果を上げるための戦略的プランニング業務にリソースを割けるようにすることを目的に導入が進んでいます。

現時点では、主にECサイトの顧客データベース(DB)上から抽出されたターゲットに定期的にメッセージを配信したり、配信したメッセージの開封やクリックなど受信者の反応の有無に合わせた二次メッセージを自動配信したり、ECサイト会員とのメールコミュニケーション領域から徐々にオートメーション化が試みられているようです。一言で企業のマーケティング活動と言っても、マーケティング戦略策定から市場調査、プロモーション、製品プランニング、ブランドマネジメントなど、その内容は多岐にわたっています。マーケティングオートメーションが文字通りこれら全ての活動を自動化するものと捉えてしまうと少々語弊があるように思われます。

下記チャートに既存の見込客DBまたは顧客DBに対して販売促進を行う場合のPDCAサイクルを整理してみました。

マーケティング活動と自動化の対象領域:
  1. プロモーションプラン策定
  2. ターゲット分析、定義・選定
  3. ターゲットセグメント、リストの設定(配信システムへのインポート)
  4. オファー企画(製品、クーポン、その他インセンティブなど)
  5. メッセージクリエイティブ企画・制作
  6. 配信設定
  7. メッセージ送信
  8. リスポンスの記録と集計、レポート
  9. 改善策立案

プロモーションプランに基づいて特定のターゲット顧客にオファーメッセージを送信し、
その結果を分析してPDCAを回すという一連の作業フローです。これらの作業の中で現在マーケティングオートメーションにより自動化されている作業が太字部分(3.6.7.8)です。

オートメーション化できるタスクを明確にする

コミュニケーションの方針となる戦略立案や、ターゲットとオファーの選定、メッセージクリエイティブの制作などPDCAサイクルの大部分はオートメーション化の対象外です。いつ、だれに、なにを、どのようにオファーするのか、といった基本的なマーケティングコミュニケーション方針をマーケターが考案し、マーケティングオートメーションツールにシナリオとして設定しておく必要があります。ただし、一旦シナリオを組み込んでしまえば、同一条件のプロモーションを自動的に繰り返すことができます。

ECサイト既存会員へのプロモーションメール配信のみであっても、マーケティングオートメーション導入前ならば、まず顧客データベースから対象者のメールアドレスを抽出し、無効アドレスのクレンジングを行い、メール配信ツールにインポートしてメールクリエイティブを設定する…。同じ手順の繰り返しがマーケティング担当者にとっては大きな作業負担となっていたはずです。こうした日々のルーティン作業が自動化されるだけでも、かなりの業務効率化が期待できます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

チーターデジタル 株式会社

チーターデジタル株式会社

1999年12月設立。グローバルでクロスチャネルマーケティング支援を行うチーターデジタルグループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、およびそれらに関連するコンサルティングサービス・導入支援・業務分析などを提供しています。

フォロー フォローしてチーターデジタル 株式会社の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。