結婚するなら料理美人:生活力の象徴

画像: photo AC: るし さん

2017.08.02

ライフ・ソーシャル

結婚するなら料理美人:生活力の象徴

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/料理は、生活力の象徴だ。人生のマネジメントのすべてが集約されている。どうにか集められたもので、どんな料理を考えるか。それは、自分たちで努力工夫して、幸せな人生を作るのと同じ。/

 ただの遊び友だちとしての彼女ならともかく、結婚するなら、料理美人。つきあって数ヶ月にもなって、一度も手料理を出さないとなると、かなり怪しい。きっと本人だって馬脚を出してしまうのがわかっているから、出さないのだろう。見かけがどうであれ、そんな女、生活力が無い。とっとと見切った方がいい。

 そう、料理は、生活力の象徴だ。人生のマネジメントのすべてが集約されている。豪華な食材を新規に買い込まないと作れない、などと言うのなら、先々、きみにはとうてい養えない。ありあわせのもので、おいしく作れてこそ、料理の腕、やりくり上手というもの。

 なんにも作れない、などと臆面も無く言うのなら、おサトが知れる。いまどき小学校でも男も女も無くクッキングを教えるのに、二十年以上も生きてきて、自分の食べるものの料理もできないとなると、家でよほど甘やかされっぱなしで、本人も、親も、親子離れができていないのだろう。そんなガキと関わり合ったら、きみが親代わりにされ、一生、スネをかじられ続けるだけ。

 いや、料理以前に、ちょっと冷蔵庫の中を覗き見るだけでもわかる。ロクなものが入っていないなら、将来に備えた貯金も無いだろう。そもそも、独り立ちする、いっしょにやっていく心構えも無い。困ったらコンビニがあるから、なんて言うのなら、そういうやつは、かんたんにサラ金に手を出す。止めておけ。

逆に、冷蔵庫がぎっしり、というのも、考えもの。いらないものまで、なんでも買い込むタイプ。無駄遣い、衝動買いの化け物。そして、買ったら忘れて、干からびても、ほったらかし。ほったらかしにされるのは、まさに、きみ。なにがあるのか、どれを先に使わないといけないのか。それは、在庫管理、資産運用と同じ。それができないやつを嫁にするのは、腐った生ゴミをしょいこむようなもの。

 味付けがバカなのは、微妙。場数を踏んでいない、でも努力と見栄はあるのかもしれない。しばらく我慢さえすれば、まともになるかも。しかし、根っからの味バカもいる。ものごとの加減を知らない。なんでもやりすぎる。総量から素材を逆算することができず、作っていくうちに、あれこれ足していくから、どんとん総量が増えていく。結果も収拾がつかない。そして、その後始末をするのは、きみ。同じ料理、それもバカ味のものを、数週間にわたって食べさせられる。料理にかぎらない。うんざりするような毎日が待っているぞ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。