動物病院がコワイあなたへ。「獣医師マジック」攻略法 ~あなたとあなたのペットが診察室で緊張しないための、コツ3つ~

2016.06.21

ライフ・ソーシャル

動物病院がコワイあなたへ。「獣医師マジック」攻略法 ~あなたとあなたのペットが診察室で緊張しないための、コツ3つ~

武田 真優子
つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

動物病院に行くと、緊張しませんか?「獣医師の前では緊張をして聞きたいことが聞けない」ことを、「獣医師マジック」と名付けることにします。今回は、直接獣医師とお話しいただくことになる「診察室」で緊張しないためのコツ3つをお話しします。

■ある日の診察室での、獣医師との会話

待合室で、ペットのことの状態を伝えたあなた。「○○さん」と名前が呼ばれ、診察室に入ります。

「今日はどうされましたか?」

…あれ?さっき話したけどな…?と訝しみながら、ペットのことを伝えるあなた。

「具合が悪くなったのは、一昨日ですね。そうすると…○月○日ですか?」

え、また聞くの?


はい、これには理由があるのです。


■なぜ、動物病院のスタッフは何度も同じことを聞くのか

ヒト場合、自分の体調の悪さは、自分で伝えることができます。一方、ペットはそれができません。もちろん、部屋の隅でうずくまっていたり、いつもと違う様子を見せることができます。ただし、そのようすに気づけるのも、多くの場合は飼主さんなのです。

動物病院スタッフは、あなたに同じ質問を、聞き方を変えて何度も聞くことで、獣医師による確定診断のための情報を正確に集め、整理をしています。会話の例を挙げてみますね。

飼主さん 「2、3日前から食べていません。」

スタッフ 「(カレンダーを見ながら)そうすると…6月19日ですか?」

飼主さん 「あ~、もっと前です。お父さんがいなかったから、6月17日ですね。」

スタッフ 「そうすると、4日前ですね。この日、朝ごはんは食べていますか?」

飼主さん 「食べました。その後吐いてしまって、それからはあげても食べなくて。」

スタッフ 「その後、何回吐いていますか?」


このように、飼主さんのお話を伺いながら、より正確な情報を引き出しつつ、時系列に整理をします。より正確な情報が、獣医師による診断の手助けとなるのです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

武田 真優子

武田 真優子

つむぎペットケア 老犬介護スペシャリスト/もふもふ認定動物看護師

ペットホスピスをつくるために地方移住予定/うさぎと暮らすペットヘルパー/認定動物看護師。老齢動物介護/グリーフケア/ペットマッサージ

フォロー フォローして武田 真優子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。