ノンアルコールビールは「当たり外れ」の面白さ

画像: Matthew Bellemare

2015.08.27

営業・マーケティング

ノンアルコールビールは「当たり外れ」の面白さ

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

久しぶりの「折角なのに惜しい!」シリーズ。今回はノンアルコールビール。数も増えて選べる楽しさも出てきたが、いまだに「何じゃこれ?」という商品も少なくない。あなたは何を基準に選びますか?

それに対し、独立系メーカーの商品や海外メーカーの輸入品は、パッケージはもちろん、味の違いもしっかりと感じられた。個人的には独立系メーカーの商品は好きになれなかったが、海外メーカーの輸入品には美味しく感じられたものがあった。

後者の缶パッケージの説明をよく見ると、「アルコール分0.9%」とかなっており、「これじゃノンアルコールじゃないよ」と思ったが、缶パッケージのどこにも「ノンアルコール」の文字はなく、スーパーが「ノンアルコールビール」のコーナーに並べていたのが、小生の誤解を招いただけだ。

結論から言うと、小生はこの輸入品を追加で、まとめて買い込んだ。どうしてもその後に車を運転するとか、クライアント先に出掛けるとかがなければ、小生の場合、微量のアルコールで仕事が滞ることはないと判断したからだ(強引な理屈?)。

この結論が意味するのは、純粋な意味での「ノンアルコールビール」で満足できる商品には、小生はまだ巡り合えていないということだ。まだ発展途上だと言わざるを得ない。

ここで感じるのは、「ノンアルコールビール」という商品の立ち位置の難しさだ。全くアルコールを加えない製法で、ビールのテイストに限りなく近くて美味しいものという3要素を満足しなければいけない訳だ。それを同時に実現するのは、巨大なR&Dリソースを持つ日本の大メーカーでも、いまだに技術的に難しいようだ。

伝聞ではあるが、今後の開発方向としては幾つかの選択肢があるようだ。あくまで1)ノンアルコールでありながらビールのテイストに限りなく近いものを追求するのか、むしろ2)ビールのテイストに拘らずに「食事と一緒に飲めるノンアルコール飲料」という路線を極めるのか、または3)微量ながらアルコールを含ませることでビールのテイストを実現しようと考えるのか、である。メーカーの方々のさらなる努力に期待したい。

最後にお伝えすると、小生が思いっ切り「マズイ」と思った銘柄が数種類。いずれも「ビールテイストのノンアルコール飲料」としての前に、飲み物としてマズイ!と思った次第だ。家族と一部友人(何と迷惑な!)にも試してもらったが、同意見だった。

しかし不思議なことに、ネット上の評価では満点に近いものが見つかった。コメントを読んでも(遠慮がちに「引いて」いる1~2割を除いて)賛辞が並んでいたりする。仲間内のサクラ行為でなければ(?)、「個人の味覚や好みというのは随分違うもんだなぁ」と感心した次第だ。小生はあの銘柄は決して二度と買わないが…。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

当社は新規事業の開発・推進・見直しを中心とした戦略コンサルティング・サービスを提供しております。代表である私は、30年にわたる戦略コンサルティングと、実務での新規事業開発の経験を基に、企業の特性と事情に合わせた「実践的アプローチ」、「3倍速のスピード感」、「サイド・バイ・サイドの姿勢」を持って、経営者の思いを実現することを心掛けています。 新規事業やサービスの開発においては、テーマ探索~事業仮説開発~検証~試行といったプロセスに沿って一気通貫でご支援することもできますし、必要に応じて一部だけを抜き出して対応することもできます。 詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。