絶対的な「美しい日本人の心」を忘れるな!

2011.10.07

ライフ・ソーシャル

絶対的な「美しい日本人の心」を忘れるな!

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

日本人が失ってはいけない美しい心とは? 金美齢さんの講演を聞いて、考えたこと。

自分さえよければいい、とか、物欲が強い人、とか、以前から一定数いたと思うんです。
「増えている」と言っている人のほとんどが、マスメディアなど「どこかで言われていること」に自らの嫌な体験を重ね合わせて、増えているように感じているだけだと思うんです。
これを根拠にして、自らが立派な発言をしているように導いても、僕の心には響きませんでした。
#「教育が最も大事」と言葉では言うものの、自らがその領域にほとんどコミットしていない方を大勢見てきたからかもしれませんが…

繰り返しますが、この発言を責めるつもりはないんです。
ただ、「伝えたい 日本の心」をテーマにした講演であるからこそ…
「教育が大切」といった、当たり前のことを、何かと相対比較することで、イメージ的なかっこよさを増す語りではなく、

「(美しい心を育むには)教育が大切なんですよね。あたりまえじゃないですかそんなこと。でもその当たり前ができてます?みなさん。」

のように語ってほしかった。

それが力強く、「“絶対的に”美しい心」を称える表現だと思うんです。

最後に、金さんは仰いました。
ひがみ、ねたみ、そしり。最悪だと。
この気持ちからくるエリート批判は最低だと。
能力をもったエリートであれば、それを称える社会にしなければいけないと。

「出来る人」に対し「ちぇっ、あいつ、偉そうに」という発言を簡単にする人は、その言葉により、出来る人より上に立ちたい気持ちの表れだと思います。
それよりも…出来る人を見習って、自らの能力を向上させたい!と思うのが、「美しい日本人の心」ですよね。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。