“今できる”ではなく“常にできる”教育を(後)

2009.04.09

ライフ・ソーシャル

“今できる”ではなく“常にできる”教育を(後)

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

大学生に「基礎的一般教養をきちんと教える」ということはどういうことか?

本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。

▼前編はこちら
http://www.insightnow.jp/article/3172

前編で

大切なのは「やり方」を忘れてしまっても、また「やり方」をさらっと学べば「あーそういえばそうだった!」と思い出し、すぐにできるようになる―
そんな人間を輩出することでしょう。

と述べました。

そして、そのためには…ということですが、抽象的な回答が許されるとしたならば、よく言われるとおり「本質から理解させる」ということがやっぱり大事になります。
そして、「本質から理解させる」時に気をつけなければいけないのは

「“相手”が“理解”する、この1点に集中した教育」

を施すことではないでしょうか。

通分を初めて学ぶ小学生に教えるとき…ケーキやピザなどを使って、1/2切れ、1/3切れなどを作った上で「足すとどれくらい?」を教えることが多いかと思います(違いましたかね。。。)。
分母の大きさを見える化することで、「なぜ分母をあわせるのか」を体感する手法です。

小学生、という時期にこの手法を用いることは「本質から理解させる」1つの手法でしょう。
しかし、大学生に教えるとき、この手法を用いることはどうでしょうか?
―答えはNo.「くだらねー」で終わり、本質を理解させることなど遠ざかるだけでしょう。

教え手がいくら「分かっていないんだから本質からしっかりやらないとダメだよ」といっても、大学生は聞いちゃくれないでしょう。
相手の懐に全く入っていませんから。。。
とはいえ、「分母の最小公倍数を見つける」というテクニック論だけ教えても、しばらくたつと忘れてしまうこと、間違いありません。「やり方」を教えただけですので。

繰り返します、「“相手”が“理解”する、この1点に集中した教育」が大事なんです。
そのためには、こと、大学生の場合

・相手の興味関心のあるところから話題を入り
・できるようにさせ
・できるようになった時点で反復演習させ身につけさせ
・身についたところで「なんでそういう操作が必要か」を振り返らせる

なんかが有効です。

文学部の学生であれば、ベストセラー『博士の愛した数式』から授業に入るのも面白いかもしれません。
経済学部であれば限界効用を考える数式で繁分数のあめあられなのでそこから。
法学部であれば土地などの持分を計算するときにきっと通分のシチュエーションがあるでしょう。。。

次のページ「“相手”が“理解”する、この1点に集中した教育」

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。