【ビジネスにおける仮説とは?】Twitterでのつぶやきを振り返る。

2010.03.01

経営・マネジメント

【ビジネスにおける仮説とは?】Twitterでのつぶやきを振り返る。

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

先日、Twitter上で、若い方から、「仮説はデータから作るんですか?」と聞かれて、「ビジネスにおいては違います」というお話をしました。そのやりとりから私がポストした内容をまとめました。

 先日、仮説について、つらつらとTwitterで書きました。多分、本当に受け取れている人はあんまりいないと思いますので、補足解説も込みで振り返ります。

 知人からは、ダイレクトメッセージが来て、「暇人の相手をするのが暇人、みたいな。教育好きはエライ!」とのこと。まあ、教育好きというのは否定はしません。

 では、Tweetを振り返りましょう。

①仮説をデータから出すのか?というお話しでしたね。ビジネスにおける仮説検証アプローチ自体はコンサルティング出自のものですから、いわゆるコンサルティングにおける仮説検証アプローチってなんでそういう方法をとってるの?というところから入るとスッキリします

②なぜ仮説検証アプローチを採用しているのか、それは最短の時間で最大の効果ある検討がしたいからです。網羅的な検討をできるならできればいいですけど、時間というリソースは有限です。データをくまなく隅から隅までならべて、1つ1つの関係を見る暇はないのです

③というのが、仮説ありきでやる1つの理由ですが、もっと本質的なお話しがあります

④ビジネスにおける仮説って何?と考えると、結局、「○○をすると、儲かる未来が出現する」です。それ以外の仮説は意味がないか、この仮説のサブセットです。儲かるにROIを使ってもプロフィットを使ってもいいですけど。その儲かる未来を出現させるために、何する?です

⑤この何をする?に関する仮説に関する関係性があって、その関係性が成立するためのデータを引っ張ってくるのですね。企業は儲かる未来に対する仮説ありきでデータを探しに行きます。すると、データを集めて、見てみている時点で、既に大枠の仮説があることになります。

⑥それと、仮説検証アプローチとか言うけど、ビジネスにおいては、仮説を検証しているというよりは、仮説を批判、データにさらして強化していると考えた方がいいと思います。結局、統計的に正しい検証なんてビジネスではほぼ無理です。

⑦統計的な正しさを求めているわけでもないのです。仮説が強い体系を持てればそれでいいのです。検証しているわけではなく、仮説のロジックを強化してる。そのロジックが関係者が信じるに足ることが求められます。

⑧そうすると、仮説を「ある程度」強化するに足るデータを見て、解を決めに行くということになります。ここからちょっとそれますが、なぜ、関係者が信じるに足るぐらい強い仮説であればいいのか?というお話をします。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。