あなたが大事にしていることはなんですか?

2009.09.19

経営・マネジメント

あなたが大事にしていることはなんですか?

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

さて、今日は、戦略をまた別の角度から見ていく試みをしようと思います。なるべくカタカナを使わず、それでもカタカナを交えつつご説明しようと思います。

 何度も書いていますが、戦略の論点は結局、リソース配分とポジショニングの問題に帰結します。それはどうして?というのも、何度か書いたように思います。

 で、今日は、その優しい説明を試みてみます。

 一昔前、戦略というのは「やらないことを決めること」というふうにおっしゃる人がたくさんいました。

 まあ、結果的にはそりゃそーなんですが。

 本質的な視点から言いますと、大事なことを決めて、それに従った、内部環境の使い方、外部環境への作用の仕方を決めればいいのです。

 会社が大事と思うことはなんですか?

 それは、それぞれの会社の、経営者のレベルによって、違っていいと思います。すごく長期的に、社会をこうしていきたいんだ!という非常に高い理想を持っているのなら、それはそれでいいのです。それが大事なことです。

 時価総額100兆円が大事だ!というなら、それはそれでいいのです。

 明日、食っていくことが大事だ!でもいいと思います。

 潰れないことが大事だ!でもよいのです。

 変に、ビジョンがどうとか、こだわる必要はないと思います。時系列的な感覚も、なんでもいいと思います。企業のあり方によって、それは様々です。ただ、お金が尽きると一旦、ゲームオーバーということだけは決まっています。

 お金を増やすことが目的でもいいし、お金は手段と割り切りつつ、外部の変革を大事にする社会起業でもどちらでもいいのです。

 これは人のありようの多様性と同じだと思います。

 家庭を作ることが大事だ!でもいいのです。仕事で出世することが大事だ!でもいいのです。

 何が一番大事なのか?それを自問自答してください。

 そして、その大事なものを守るというか、大事なことを実現するというか、そういうためには、自分というリソースを使わないといけませんね。そして、自分ができることは限られています。そして、外部に作用しないといけません。他にも大事なことを持っている企業がいるからです。

 ディフェンシブな姿勢とオフェンシブな姿勢がありえますね。どっちでもいいのです。既に築き上げた資産の上に成り立っている大企業は、ディフェンシブでしょうし、ベンチャーはオフェンシブなことが多いでしょう。

 内部で大事なことのほうが優位な会社もあるし、外部で大事なことのほうが優位の会社もあるでしょう。

 それはそれでいいのです。

 その大事なことを守るため、実現するために自分のリソースをどう使うのか?

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。