「twitter × salesforce.com」の衝撃をつらつら考える

2009.09.17

IT・WEB

「twitter × salesforce.com」の衝撃をつらつら考える

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

先日、salesforce.com主催の「Cloudforce Japan」に行ってきました。おじさんくさいことを言うと、時代の変わり目を感じました。会場は超満員、すごい熱気で、イベントは相当お金がかかっている感じでした。

 営業支援系のSaasはここまで来たか、という感じでした。

 デモをさせてもらいましたが、

 ASPだけど、レスポンス速い!Googleのアプリをブラックベリーで使ってるみたい。

 必要な機能がもはや完全に部品化されているから、カスタム化が簡単!

 Web2.0環境が当たり前になってきたから、生活者からレス、データを集めるのも前よりは相当楽に。

 しかも値段を見てびっくり。

 初期費用なし!安い!1ユーザー、4000円ぐらい。

 これはすごいですわ。ソフトブレーンさんが赤字になる理由がわかります・・・。というか、役割終えたんじゃないかと・・・。

 いや、銀行系のシステムは未だにCOBOLで書かれていて、日本語の不思議な言語でメンテされているから、タイムラグは必ずあるので、ソフトブレーンさんもまだあと少しは大丈夫でしょうか?

 いや、でも、営業支援系のデータウェアハウスを企画から運用までやってたことがありますが、お金がかかるかかる。

 いちいち機能をいじるのに、超優秀なシステム管理者がいないとべらぼうにカネがかかりました。

 データ整備もコストがいろいろと高いし。

 時代遅れのおじさんのセリフとしては「クラウドはすっげー!」という正直な感想です。

 これまでプログラミングで食べてた中小IT下請けは、今のままのモデルでは、けっこうしんどくなっていくでしょうね。その元締めのSIerもしんどく・・・。

 いや、しかも、営業支援系だけではなくて、機能を普通に使えば、人事系もできるし。

 すっげー。

 ・・・と、興奮してごめんなさい。それぐらいすごいと正直に思ったのです。

 しかも、日本の大企業・官公庁が中心になって導入を進めている。これはすごいことです。ローソンさん、郵政公社さん、エコポイントで使った通産省さん。まあ、壇上に上がった人々は楽しそうでしたね。

 ローコスト、ハイスピードで導入できますからね・・・。

 今後はsalesforce.com周辺のビジネスが伸びますよね。中小IT企業は、導入支援に切り替えているところも多くて、そこで儲かっているみたいです。

 そして、またまたびっくりしたのが、「Salesforce for Twitter」でした。

 Twitter、あるIT企業の経営者にTwitter上でつぶやいて教えてもらいましたが「googleに早く買い取ってもらえ、という声があるぐらい儲かってない」とのことでした。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。