日本の『借金時計』の正しい見方!

2009.07.23

ライフ・ソーシャル

日本の『借金時計』の正しい見方!

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

『借金時計』が財務省のホームページに載って話題になったのは2年前の夏である。今年の夏の総選挙前に、もう一度、眺めて・・・いろいろ考えてみた。

『借金時計』。お暇があったらネットで是非覗いてもらいたい。
日本の借金の状況をオンタイムで知ることができる。Googleの検索のトップになっているのが経済ジャーナリストの財部誠一さんのホームページなので、そこの数字を参考にさせてもらうと・・・・。
※資料 財部誠一さんホームページより

この原稿を書いている時間現在(2009年7月23日11時頃)の日本の長期債務残高は、795兆9860億円あたり。我々1世帯あたりの負担額は、1522万円に迫ろうとしている。
日本は、
1年 あたり 約29,000,000,000,000円
1日 あたり 約79,452,000,000円
1時間 あたり 約3,310,500,000円
1分 あたり 約55,175,000円
1秒 あたり 約919,583円 ずつ借金が増えているらしい・・・。

さらに、天文学数字の話しを続けると・・・。平成18年度の日本の国家予算は、一般会計が、82兆円で、特別会計はその約6倍の460兆円ほど。この特別会計の中には、一般会計から持ち越された分が重複しているので、差し引くと、特別会計の純計額は、約200兆円強らしい。なので、日本という国が1年に使うだろう「お金」は、単純計算でも全部で、300兆円弱。しかし、日本の全産業の売り上げは年に約1500兆円で、国内総生産が約500兆円で、そこから徴収される税金の総額は、約40兆円しかない。

では、まったく足りない何百兆円はどこで賄われているのか。何を充てにされているのか。それは、国債の発行だとか、あるいは郵貯や年金資金や簡保の資金であって・・・要は、日本の国家予算の大部分は、国民の財産を使っておこなわれる公共事業ちゅうことだ。

さらにさらに、わかりにくい話しであるが・・・昨年の、世界同時株安が起こる前の記事等によると、1日のうちに世界で動くお金は、日本円換算で約330兆円。これに対して実際の貿易、つまりモノを売ったり買ったりして動く実体経済のお金は1日約4兆円。実際の取引の82倍のお金が、「金融取引」つまり「お金」=帳簿上だけで動いていたと言われている。ここが、信用とともに一挙に収縮したのが現在の不況の根源だ。

労働政策研修・研究機構が出している日本の大卒の平均生涯賃金が2億9000万円。35年勤続で考えると1ヶ月の額面給与約69万円の我々は、こんな気の遠くなるような「お金」の話しを、どうすればいいのか?何を考えろというのか?火傷などしたくないから、貯蓄でもしておこうかと言うのが本音だろう。でも、その貯蓄が、充てにされていたりするのが国家予算であったりして・・・そこから吸い上げた収益で儲かった人達が、実体経済から外れて金融取引に走って・・・我々のフトコロを直撃するような不況を引き起こす。
これを、ひとこと言うとしたら「わけわからんけど、ええかげんにせぇよ」である。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。