あなたには何が見えていますか?

2009.02.23

仕事術

あなたには何が見えていますか?

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

人によって見えているものごとは違います。人の立ち位置によって。性質によって。レベルによって。今日はほかならぬあなたには、あなた自身には何が見えていますでしょうか?というお話しです。

 コンサルタントが素晴らしいプランを企業に提案したとしましょう。

 どんなに素晴らしい提案でも、クライアント企業がそのプランを実行できなければ、意味がありませんね。実行できないプランは素晴らしいプランではないのです。

 例えばですね、暗黙知を形式知へと変えるんだ!という号令で情報を言語化するのが一時期流行しました。

 でも、全てを言語化することは無理ですよね。

 マニュアルに「手を上げましょう」と書いてあったとして、座りながらなのか、立ちながらなのかは書いてなければわからないですよね。

 なかなか全部は説明しきれない。意外となんとなくの前提というものが共有されていなければ、言語も伝わらないのです。

 プランも同じです。プランを読む上でのなんとなくの前提が共有されていないと、伝わらないし、実行できないのです。

 難しい言葉で言えば、認識のレベルがあっていないと、コミュニケーションですら成立しないですよね。

 どんなに素晴らしいと思えるプランでも、認識レベルの違う人には、違うプランに見えているんです。

 コンサルタントが提案した「素晴らしい」プランはクライアントからの修正によって、「価値のない」プランへと変容し、実行されていってしまうのです。

 いわゆるハンズオン型と言われるコンサルティング、企業に入り込んで改革を推進していくタイプのコンサルティングのメリットは、入り込んだ側と、入り込まれた側の視点が少しずつ合っていくという点でしょう。

 お互いに軋轢が生じるかもしれないのに、なぜわざわざ組織の中に入ってくるのか?と言えば、入り込んでいろいろと改善活動をすることで、コンサルタントは抽象的なところから具体的なほうへ寄っていくし、クライアント側は少しずつ抽象的なことに慣れていきます。

 そこで幸運にも視点があって、プランが生み出されるとうまく行く可能性が高まります。

 ただ、お互いが歩み寄らないと、そんなことにはなりませんけどね。

 そう、たいていの場合、お互いが見えているものは違います。

 私の苦い経験のお話しを致しましょう。

 プロセス改善のプロジェクトで、新しくプロセスを設計して、そのプロセスのメンバーへの定着化トレーニングをしている時でした。

 クライアント側で改革を推進する役割の幹部の方にも出席していただいていました。前日には幹部は全力で改革をサポートする側にまわるという社長からの号令があったばかりでした。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。