思考タイプとプランニングレベル

2009.02.23

仕事術

思考タイプとプランニングレベル

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

私はプランニングの仕事を誰かとする時、その人はどんな思考が得意なタイプなのか?どのぐらいのレベルなのか?という2点をチェックします。そして、相手にうまく合せないとうまくいかないですね。今日はそんなお話しです。

 プランを作る、考えるという時に、やはりタイプというものがあります。

 プランを作るには、ある程度、まんべんない思考が必要なのですが、人間はそう都合よい頭ではないのです。

 ある人は、抽象思考に非常に強い。またある人は、具体思考に非常に強い。ある人は具体と抽象をつなぐのに強い。

 そして、またある人は、抽象とか具体とか、そういう枠組みを越えた思考をする。

 だいたい、この4つのタイプに私は人を分けています。

 私は抽象思考に強いタイプです。具体思考のスピードはそんなに速くはありません。

 たまにいません?その場の一対一の交渉では無敵なぐらいに、具体思考が速く強い人。

 営業、セールスにはそっちの能力のほうが大事ですね。

 抽象的にモノゴトを考えて、具体に落としていくと、具体をすごいスピードで動ききるタイプのスピードにはなかなかついていきにくいですね。

 というか、お話しがかみあいにくい。

 まあ、私もきっと言われているでしょう。「抽象的な概念ばかり言っていて、わかりにくい」とかね。

 でも、まあ、脳の使い方がきっと違うんだからしょうがないです。

 この4タイプがうまくかみあうと、すごいプランができそうですよね?

 ある人は、抽象に強く、ある人は、抽象と具体をつないで、ある人は具体に非常に強く、ある人は、枠外の思考をしてくる。

 でもまあ、かみあわせるのはマネジメント能力がすごい高いマネジャーでないと無理でしょうけどね。

 枠外の思考をする人で有名な方は、「夢をかなえるゾウ」の水野敬也さんでしょうね。夢をかなえるゾウの読書案内は以前書きましたね。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/1205です。

 「スカイフィッシュの捕まえ方」や「温厚な上司の怒らせ方」など、既存の体系とは違った視点から作りだされる娯楽はすごいですね。

 それで、そのタイプを把握した上で、どれぐらいのレベルの方なのか?というのを一緒に話しをして判断します。

 自分と自分の出したプランを分離できない人だと、ちょっと一緒にやるのは厳しいですね。

 プランに関して、指摘をしたのに、自分への攻撃ととってしまう人は私の中で、プランニングレベル0ですね。

 あまりいい言い方ではないですが、分裂病的な人は、常に自分のことを人が話しているという前提だそうですが、そういう人と仕事の話しができるか?というとできない。

 神経症的な人は、自分とプランの分離ができないので、自分とエンティティを切り離した議論ができない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。