ジブリ作品の国際化は、おまけみたいなものである説!

2009.01.22

経営・マネジメント

ジブリ作品の国際化は、おまけみたいなものである説!

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

ビジネスの世界で生きるには、ビジネスモデルやら何やら、知っておかなきゃいけない知識や事例がある。しかし、その事業で「メシを喰う」ことができるようになるまのでの活動に、あまり賢い智恵は必要ない。ひとつひとつの活動を意味で縛ってはいけない。 そういうお話しを、日本アニメの巨匠達から学びたい。

先ずは、「機動警察パトレイバー」「イノセンス」などの作品で有名な押井守監督の発言 (週刊アスキー)である。

「監督は、観た方からどんなことを言われると、いちばんうれしいですか?」
押井:やっぱり、自分が全然想像もしていなかった見方をされると、うれしいですね。「えっ?」ということ、ありますから。とくに僕の作品を好きだっていう30代、40代の男どもはですね、根がまじめな人が多くて、一生懸命考えるんですよ。

押井:僕の仕掛けた罠をなんとか突破して、真実にたどり着こうとする。そのために何度も観てくれたり、DVDを買ってくれたりするから、ありがたいけど(笑)。なぜか彼らには、アニメにはなにか真相が隠されているのじゃないかと思い込んでいるフシがあるんですね。

押井:でも、そんなものはない。

押井:いや、あるのだろうけど、つくった人間でもよくわからないもので、何年かたたないとわからない。そう言うと今度は「煙に巻いてる」とか言われるんだけど。

押井:基本的には、いい思い、楽しい思いをしたいからつくるのであって、なかば無意識でつくっているんですよ。しかも、そういうときのほうが絶好調だったりするからね。

映画を観る側は、そのシーンや、そのセリフに、凄い意味を与えるために、凄い解釈をしようとする。
深い真相を読み取ろうとする。
しかし、作り手は、そんなに意味を求めていない。
無意識なときほど絶好調で筆が進む。
それが、クリエイティブの真実なのだと思う。
いちいち書き込むシーンの意味や解釈を考えていては、力ある作品はできない。
「喰うための作品づくり」は、「頭」より「身体」なのである。

ビジネスも同じだと思う。ビジネスモデルなんて、その成功に、後で理屈を付加したくらいなもので・・・。
会社や事業の立ち上にげは、頑張りや情熱と表現されるような無意識な行動が重要で、「頭」考えは、あまり役に立たない。
押井守監督が言うように「基本的には、いい思い、楽しい思いをしたいからつくる」のであって、こう解釈して欲しい、こういうビジネスモデルを確立したいという起業の発露は、失敗の大きな要因になる。

次は、知るヒトぞ知る宮崎駿監督である。
ジブリが出している「熱風」2009年1月号の中で、「日本の観客と世界の観客の違いを意識しているか?」という質問に対して、このように答えている。
宮崎:実は何もわからないんです。僕は自分の目の前にいる子供達に向かって映画をつくります。子供達が見えなくなるときもあります。それで中年に向かって映画をつくってしまったりもします。でも、自分達のアニメーションが成り立ったのは日本の人口が一億を超えたからなんです。つまり日本の国内でペイラインに達することができる可能性を持つようになったからですから、国際化というのはボーナスみたいなもので、私達にとっていつも考えなければいけないのは日本の社会であり、日本にいる子供達であり、目の前にいる子供達です。それをもっと徹底することによってある種の普遍性にたどり着けたらすばらしい。それは世界に通用することになるんだ、って。
※「内田樹の研究室」より抜粋

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。