【 経営の構想力 】

2008.04.10

ライフ・ソーシャル

【 経営の構想力 】

泉本 行志
株式会社アウトブレイン 代表取締役

もう一度読み返したい本: 【 経営の構想力 】 (著)西浦祐二 氏

「白鳥の群れが湖を飛び立つ時、まず1羽が群れの中から飛び立ち、他の白鳥はそれに続き一斉に飛び立つ。 その1羽の白鳥が、飛び立つタイミングや方向性を決めている。 最初に飛び立つこの一羽こそ、まさに「構想者」に他ならない。」

~概要~

構想力とは

■ 環境の変化が激しい現在、企業経営者、あるいはビジネスリーダーと呼ばれる人たちの重要な要件の1つは、「方向性を決めること」である。

■ この「方向性を決める」時に拠り所となるのは、主に3つある。それは、経験などから築き上げた人生観、世界観といった「哲学」、大きな流れや本質を見抜く、「大局観・洞察力」、そして、大胆ながら細心さを兼ね備える「現実に対する勝負勘」である。

■ 本書では、これら3つを総合したものが、「構想力」という概念を意味する。

■ この「構想力」は、「想像力」とは異なる。 「想像力」が「心に描くだけ」に対して、「構造力」は、「何かを産み出そうという意図」がある。つまり、構想力とは、見えないものを見て、想像するだけではなく、行動につなげ、行為を通じて新しい価値へとつなげるものである。

■ 例えとして、白鳥の群れが湖を飛び立つ時の「飛び立ち方」が面白い。 白鳥は、まず1羽が群れの中から飛び立ち、他の白鳥はそれに続いて一斉に飛び立つ。 最初に飛び立つ白鳥は、向うべき地や風向きなどをすべて考慮し、自ら構想し飛び立つタイミングや方向性を決めているのだろう。 この最初の一羽こそ、まさに「構想者」に他ならない。

構想と編集

■ どうすれば「構想」が生み出されやすくなるのか。 それには、「編集」という行為が必要となる。「構想する」という行為は、無から有を生む行為ではない。すでにある材料が頭にあり、それらが統合され、新しい考え方を生み出すのである。つまり、「構想」が生まれる際には、「編集」という行為がきわめて重要な役割を果たしている。

■ そもそも我々は日常で、その場の状況等によって情報を「編集」して生活している。いわば、編集は人間の活動に潜むもっとも基本的な情報技術といえる。

■ しかし、その基本的な情報技術であるにも関わらず、誰しもが優れた編集を行えるとは限らない。

■ この編集力を妨げる要因は、大きく「思い込み」と「組織の壁」である。

■ 「ネオテニー」という言葉があるが、これは「幼い時期の特徴を失わず成熟すること」を意味する。人は残念ながら年齢とともに体も頭も硬くなり、「思い込み」が強くなる。「大人」になる過程で、ネオテニーを失っていく我々は、目の前の場面・情報に分析的に接し、可能性でなく問題点にばかり目についてしまう。分析的な姿勢でなく、純粋に体で感じること、とらわれない眼で観察することを心掛けることが重要である。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

泉本 行志

株式会社アウトブレイン 代表取締役

フォロー フォローして泉本 行志の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。