グルメサイトは飲食店の味方なのか?

画像: Tatsuo Yamashita

2020.08.26

経営・マネジメント

グルメサイトは飲食店の味方なのか?

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

新型コロナウイルスにより客足を奪われて苦境に陥っている飲食業界。実は以前からグルメサイトという存在に悩まされ続けており、今回の「GO TO EAT」キャンペーンでも悩みは続きそうだ。

この「オンライン飲食予約」キャンペーンに飲食店が参加するには、3つの条件が必須だ。一つは、感染予防対策をしないといけないこと(これはある意味、当然だ)。もう一つは、事前登録しないといけないこと(これも当然だ)。最後の一つが問題で、対象となる「オンライン飲食予約事業者」(グルメサイトのこと)と契約していないといけないことだ。

今までグルメサイトと契約していない店や、コロナ騒ぎを契機に契約解除した店は改めてどこかのグルメサイトと契約する(したがって広告掲載や送客手数料を払う)必要があるのだ。このキャンペーンが「飲食店の救済ではなく、グルメサイトの救済が本当の目的だ」と揶揄される所以だ。

ちなみにもう一つの「(プレミアム付)食事券」キャンペーン(購入額の25%分を上乗せする)のほうは、オンライン予約は不要なので、参加するにあたってグルメサイトとの契約は必要ない。

いずれにせよ、新型コロナウイルスによる苦境をなんとか凌ごうと頑張っている飲食店にとって、希望の綱に見えた「GO TO EAT」キャンペーンは新たな悩みをもたらしそうだ。
Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

パスファインダーズ社は少数精鋭の戦略コンサルティング会社です。新規事業の開発・推進・見直しを中心としたコンサルティングを提供しています。https://www.pathfinders.co.jp/             弊社は、「フォーカス戦略」と「新規事業開発」の研究会『羅針盤倶楽部』の事務局も務めています。経営者の方々の参加を歓迎致します。https://www.pathfinders.co.jp/lp/ishin-club/          『ベテラン幹部を納得させろ!~次世代のエースになるための6ステップ~』がアマゾンのオンデマンド書籍として上梓されました。本質に立ち返って効果的・効率的に仕事を進めるための、でも少し肩の力を抜いて読める本です。宜しければアマゾンにて検索ください(下記には他の書籍も紹介しています)。 https://www.pathfinders.co.jp/app-def/S-102/cms/history#books

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。