サービス品質向上の6つのポイント(2) 【連載サービスサイエンス:第14回】

画像: Ella T.

2016.02.11

経営・マネジメント

サービス品質向上の6つのポイント(2) 【連載サービスサイエンス:第14回】

松井 拓己
松井サービスコンサルティング 代表

既にサービス品質の向上に取り組んでいる企業は多いようです。しかし現場は、「サービス品質を上げよう!」と言われても、明日から具体的に何を頑張ったら良いのかピンと来ないというのが本音。そこで少しロジカルにサービス品質の向上を考えてみたいと思います。

前回は、効果的にサービス品質向上を進めるために、サービス品質を6つの要素に分解して捉えてみました。「サービス品質向上」と言われても、現場は何を頑張ったら良いのかピンときていないものです。サービス品質向上の取り組みがなかなかうまく進まないときには、要素を分解して議論してみると良いと思います。その上で今回は、より効果的にサービス品質向上を進めていただくための取り組みの視点について触れてみたいと思います。


サービスの評価を高めるサービス品質とは?

サービス品質向上の大きな目的の一つは、お客様からの評価を高めることだと思います。では、そもそもお客様は、サービスの何を評価しているのでしょうか。これを理解できれば、サービスの評価を高めるためのサービス品質向上の取り組み方が見えてきそうです。

そこで、お客様がサービスの何を評価しているのかを理解するために、「サービスの評価」を分解してみましょう。すると、サービスの評価は「サービスの成果」に対する評価と「サービスのプロセス」に対する評価の2つに分解されることが分かりました。ここで言う「サービスの成果」は、たとえばQCD(品質・コスト・納期)や、「早い、安い、うまい」のようなものを指します。一方で「サービスのプロセス」は、スタッフの印象や態度など、成果を得るまでの過程での評価対象となります。


サービスの成果とプロセス、両方の評価を高めるのは当たり前?

お客様から高い評価や高い顧客満足をいただこうと思ったら、サービスの「成果」と「プロセス」の両方の評価を高めなければならなりません。サービスの成果とプロセスの両方の評価を高めることは、一見当たり前のように思います。しかし、いざサービスを提供したり、サービスのマネジメントに従事すると、ついつい「サービスの成果」の方ばかり気にしてしまう傾向があります。

たとえば社内では、「いかにお待たせせずにお客様のご要望にお応するか」、「いかに”早い・安い・うまい”を実現するか」「お客様にどんな提案をすべきか」については日々熱心に議論しています。しかし一方で、「心地よさを感じていただくためにはどうお客様に接したらよいか」、「ちょっとしたお客様からの相談に共感した対応ができるか」など、サービスのプロセスの評価を高めるための努力は、ほとんどが現場任せや個人任せになってしまっており、組織的に取り組めていないことがほとんどです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松井 拓己

松井サービスコンサルティング 代表

サービス改革の専門家として、業種を問わず数々の企業の支援実績を有する。国や自治体、業界団体の支援や外部委員も兼務。サービスに関する講演や研修、記事連載、研究会のコーディネーターも務める。 代表著書:日本の優れたサービス~選ばれ続ける6つのポイント~

フォロー フォローして松井 拓己の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。