サービス品質向上の6つのポイント(1) 【連載サービスサイエンス:第13回】

画像: Pete

2016.01.28

経営・マネジメント

サービス品質向上の6つのポイント(1) 【連載サービスサイエンス:第13回】

松井 拓己
松井サービスコンサルティング 代表

既にサービス品質の向上に取り組んでいる企業は多いようです。しかし現場は、「サービス品質を上げよう!」と言われても、明日から具体的に何を頑張ったら良いのかピンと来ないというのが本音。そこで少しロジカルにサービス品質の向上を考えてみたいと思います。

既にサービス品質の向上を意識したり、活動を進めている企業は多いのではと思います。しかし実際には、サービス品質の向上やサービス品質のバラツキ解消がなかなかできずに苦悩している会社や組織が多いようです。サービス品質を向上させるには「経験を積むしかない」「ベテランの背中を見て学べ」「マニュアルを守ろう」などと月並みな指導や精神論になってしまったり、サービス品質向上が絵に描いた餅になってしまっているところもあります。

「サービス品質を上げよう」という議論は、どの企業でも日常的にされています。しかし現場は、「サービス品質を上げよう!」と言われても、明日から具体的に何を頑張ったら良いのかピンと来ないというのが本音です。「サービス品質を上げよう」とただ繰り返していても、サービス品質は上がらないのです。より具体的にサービス品質について理解する必要がありそうです。そこで今回は、サービスサイエンスの視点で少しロジカルにサービス品質の向上を考えてみたいと思います。


サービス品質を6つに分解する

ただ単に「サービス品質」といっても、具体的に何について議論したら良いのかよくわかりません。そこで、サービス品質を構成要素に分解してみると、今までよりはるかに分かりやすく具体的な努力のポイントが見えてきます。具体的には、サービス品質を「正確位」、「迅速性」、「柔軟性」、「共感性」、「安心感」、「好印象」の6つに分解します。これらを「基本サービス品質」と呼びます。「基本」ですので、これらの6つはどれも欠かすことができません。

・「正確性」がなければ、お客様からの支持は得られません。ミスや間違いが多いようでは、お客様に不信感や不安を抱かれてしまいます。ミスが許されないサービスにおいては、この正確性の向上の努力は欠かせないと思います。

・「迅速性」は定量評価しやすいので、お客様は敏感です。しかも世の中のスピードが速くなるにつれて、迅速なサービスへの期待は高まっています。また、お客様をお待たせすることについても、対策が必要になります。

・「柔軟性」は、千差万別なお客様の要求にお応えするために必要です。例えばコンシェルジュサービスは、お客様からの例外要求にうまく対応するための柔軟性が極めて大切です。

・お客様が何を期待しているかを掴むためには「共感性」が欠かせません。共感性がなければ、気の利くサービスを提供して、サービスでお客様に喜んでいただくことはできません。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松井 拓己

松井サービスコンサルティング 代表

サービス改革の専門家として、業種を問わず数々の企業の支援実績を有する。国や自治体、業界団体の支援や外部委員も兼務。サービスに関する講演や研修、記事連載、研究会のコーディネーターも務める。 代表著書:日本の優れたサービス シリーズ 1―選ばれ続ける6つのポイント、2―6つの壁を乗り越える変革力

フォロー フォローして松井 拓己の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。