BtoB企業の営業担当も必読!今、コンテンツマーケに取り組むべき3つの理由

2016.07.14

営業・マーケティング

BtoB企業の営業担当も必読!今、コンテンツマーケに取り組むべき3つの理由

チーターデジタル 株式会社
チーターデジタル株式会社

「コンテンツマーケティング」というと、BtoC企業向けのマーケティング手法のように思われがちですが、実は、BtoB企業においても実行する価値が十分にあります。今回は、そんなBtoB企業が「コンテンツマーケティング」に取り組むべき理由を3つご紹介します。マーケティングの話なら、マーケティング部門に任せておけばいいじゃないか…そう思わず、営業部門の方もぜひご一読ください。

  • コンテンツマーケに注力している企業が徐々に顧客を侵食し始める
  • マンパワーに頼らざるを得ず、さらに営業チームが疲弊する
  • 業界における自社のイメージにバラつきがでて、ブランディング上の欠陥が生じる

こういう状況に陥ると、競争力の低下を招き、徐々に売上が減ってしまう、ということになりかねません。もし、こういう状況にもかかわらず、売上が伸びている、成績は順調だ、ということであれば、それは、

  • これまで培ってきたブランド力で闘えている
  • 優秀な営業チームがいる

この2つがあるからに他なりません。しかし、長期的に企業の成長を支えていく必要があるならば、ブランド力も継続的に高めていく必要がありますし、いま在籍する営業チームも、さまざまな理由で変化しかねないリスクもありますよね。

こうしたリスクを回避するには、コンテンツマーケティングの体制をしっかり整備しておき、どんな状況になろうとも、見込み客の集客を定常的に回していく必要があります。

いかがでしたでしょうか。

これらの理由から、コンテンツマーケティングは営業部門にとっても、とても意義のある施策です。マーケティングチームと営業部門の仲が悪い、というのはどの業界でも通例だとは思いますが、もしマーケティングチームがコンテンツマーケをやりはじめたら、営業部門の皆さんは、しっかり協力してあげてください。最初はあまり効果が出ず、期待に応えることが難しいかもしれませんが、きっと中長期的には、すばらしい成果を出すと思います。大切なことは、全社一丸となって、コンテンツマーケティングを支えることです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

チーターデジタル 株式会社

チーターデジタル株式会社

1999年12月設立。グローバルでクロスチャネルマーケティング支援を行うチーターデジタルグループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、およびそれらに関連するコンサルティングサービス・導入支援・業務分析などを提供しています。

フォロー フォローしてチーターデジタル 株式会社の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。