よく分からない現地語Tシャツを着るリスク

画像: Fort George G. Meade Public Affairs Office

2017.08.30

ライフ・ソーシャル

よく分からない現地語Tシャツを着るリスク

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

外国語のTシャツを恰好いいと考えて着る若い人は少なくないようだ。しかし自分がよく理解できない現地語で書いてあるTシャツを嬉々として公衆の面前に晒すことには思わぬリスクが伴うことは理解しておいたほうがよい。

訪日外国人の姿が目立つようになったこの頃。東京およびその他の観光地で、妙な日本語がプリントされたTシャツを着ている若い外国人旅行者らしき人たちを目にすることがある。

きっと外国出身の人が外国人旅行者向けにプリントしたもので、買う人も「これ日本語で、クール」とか考えたのだろう。一種の愛敬すら感じる、微笑ましい光景かも知れない。

しかしそれはあくまで、言葉の分からない外国人にとっても概ね安全な日本での話だ。海外ではちょっと事情が違う。

例えばあなたが旅行する異国の大都会で、現地言語で書かれたTシャツを買ったとしよう。そこに書かれているのが支離滅裂な文章だったり、またはとんでもない非常識な台詞だったりしたらどうだろう。しかもあなたはそのことを知らない。

現地の人の大半は「この外国人旅行者は意味も分からずにこんなバカなTシャツを買ってしまったんだな」と内心少し憐れむだけだろう。もしかすると(可能性は限りなく低いが)奇特な地元民が親切にも「困っていませんか?」と声を掛けてくれるかも知れない。

しかし外国人旅行者を騙して小遣い稼ぎやいたずらをしようと考えている不届き者は、日本人が想像する以上に海外の大都市には多い。そうした輩にとっては、「私はこの国の言葉を理解できません」と公言しているようなTシャツを着ている外国人旅行者は絶好のターゲットなのだ。

しかも話しかけてみると、カタコトの英語ながら日本人だという。もう相手にとっては「鴨が葱を背負って」目の前でダンスしているようなものだ。心の中で舌なめずりしながら、「ボク、日本人大好き。案内させてクダサーイ」とちょっと高いトーンであなたたち旅行者に持ち掛けてくるだろう…。

こんな余計なリスクを背負い込みたくなかったら、よく分からない言語でプリントされたTシャツを買い込んですぐに現地で着るのは避けたほうが賢明だ。もちろん日本で買っても(なぜか不自由な英語のTシャツは日本でもよく売っている)、リスクは同じなのでダメですよ!
Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

当社は新規事業の開発・推進・見直しを中心とした戦略コンサルティング・サービスを提供しております。代表である私は、30年にわたる戦略コンサルティングと、実務での新規事業開発の経験を基に、企業の特性と事情に合わせた「実践的アプローチ」、「3倍速のスピード感」、「サイド・バイ・サイドの姿勢」を持って、経営者の思いを実現することを心掛けています。 詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。 中小企業経営者のための会員制の研究会「羅針盤倶楽部」では主に「フォーカス戦略」と「新規事業開発」をテーマに講演・ワークショップを定期的に行います。 この「フォーカス戦略」および「羅針盤倶楽部」についてご興味のある方には無料ニュースレターにて関連情報をお届けしますので、下記のURLをクリックしてメールアドレスをご登録ください。 http://www.pathfinders.co.jp/app-def/S-102/cms/sq1 登録していただいた方には、フォーカス戦略の重要性が分かる小冊子ファイル「フォーカス・スピード・徹底が盛衰を分かつ」(日沖博道著『BPMがビジネスを変える』からの抜粋)を無料ダウンロードできるお知らせが届きます。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。