社会インフラを考える (2) 官民の防犯カメラをネットワーク化せよ

画像: kafka4prez

2014.03.07

経営・マネジメント

社会インフラを考える (2) 官民の防犯カメラをネットワーク化せよ

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

柏市の連続通り魔事件は警察の頑張りで、発生から2日で逮捕という幕切れになった。でも今のままでは捜査陣が後手後手に回る構造は改善されない。公共の街頭防犯カメラだけでなく、街頭を映す位置にある民間の防犯カメラも併せてネットワーク化し、犯罪捜査にとってより有効な仕組みにして欲しいもの。

3月3日深夜に発生した千葉県柏市の連続通り魔事件は一時、周辺一帯の住民を恐怖に陥れたが、5日午後には被疑者を任意で事情聴取、同夜0時少し前に逮捕に至った。発生から2日で逮捕にこぎ着けたことになる。サングラスにマスク、そして帽子をかぶった目撃イラストだけでは全く人相が分からなかったことを考えると、さすがに日本の警察は優秀だ。

しかしあえて言うが、このようにスムーズな逮捕ができたのは幸運もかなり作用している。この犯人には高飛びするという発想がなかったからだ。もしそうしていれば、捕まえるのには結構手間取っただろうし、その間に別の犯行に及んだかも知れない。

今後、同様の犯行が発生した際にそうした懸念を減らすには、犯行直後の犯人の様子をそれほど遅れることなく(できればほぼリアルタイムで)把握できるようにすることが有効だ。そのためには街頭の防犯カメラだけでなく、コンビニなどの主な民間の(駐車場など街頭を映す)防犯カメラ映像もモニタリングできるように警察の通信網につなげるべきだ。

今回の事件の解決のポイントは、防犯カメラの映像が容疑者特定につながったことだ。報道によると、防犯カメラの解析や周辺の聞き込みなどから容疑者を割り出したとのことである。現場から約1.5キロ離れたコンビニの防犯カメラに容疑者とみられる男が写っていたのだ。駐車場に車で現れ、車から降りて逃走した様子が確認されたそうだ。

県警は謎解きをしていないが、目撃情報からある程度若い男であることが、防犯カメラ画像からその男の体型と向かった方向が、それぞれ分かる。仮にその先に別の防犯カメラがあってその時間帯にその男が映っていなければ、その途中に男のねぐらがあると推定できる。途中にあるアパートを中心に周辺の聞き込みをしたら、当てはまる若い男の存在が浮かび上がってきたという寸法だろう。

ここで重要なポイントは、公共の「街頭防犯カメラ」だけでは地域の主要な道筋を押さえることができないこと、コンビニなどの防犯カメラ映像の記録は警察がいちいち施設オーナー(もしくはそこと契約している警備会社)に依頼して提出してもらわなければいけないことだ。それから手分けして画像を早送りしながら怪しい人物が映っていないかを探す訳だ。どうしても捜査が後手後手に回ってしまうのは、現状では仕方のないことなのだ。

でも仮に街頭を映す位置にある、コンビニなどの主要な民間の防犯カメラ映像をリアルタイムで、もしくは録画をリモートで(つまり、いちいち提出されるのを待つことなく)警察が観ることができたらどうだろう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

当社は新規事業の開発・推進・見直しを中心とした戦略コンサルティング・サービスを提供しております。代表である私は、30年にわたる戦略コンサルティングと、実務での新規事業開発の経験を基に、企業の特性と事情に合わせた「実践的アプローチ」、「3倍速のスピード感」、「サイド・バイ・サイドの姿勢」を持って、経営者の思いを実現することを心掛けています。 新規事業やサービスの開発においては、テーマ探索~事業仮説開発~検証~試行といったプロセスに沿って一気通貫でご支援することもできますし、必要に応じて一部だけを抜き出して対応することもできます。 詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。