「盛り土問題」は他人事ではない

画像: OiMax

2016.10.12

経営・マネジメント

「盛り土問題」は他人事ではない

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

「犯人探し」に明け暮れるマスコミおよび都議会は、論点のズレと優先度の取り違えに気づかずに「釈迦」の手のひらでしばらく踊り続けるだろうが、企業社会でも同様の迷走が起きることはままある。

東京都の築地市場移転に伴う豊洲の「盛り土問題」は一向に収拾の様相を見せない。都の内部調査では「犯人探し」には至らなかったばかりか、その後も新たな事実の発見や誤魔化し行為の指摘が続出しており、予定通りの移転を求めてきた市場関係者からさえも、都に対しての怒りの声が上がっているそうだ。

最初から「犯人探し」に焦点を当てていたマスコミはもちろん、当初は「なぜ今さら蒸し返すのか」と小池知事に反発していた都議会も、一挙に責任者追求モードに切り替わってしまっている。

しかし優先的に明らかにすべき論点は「誰が決めたのか?」ではなく、「コンクリート空間方式と盛り土方式のいずれが汚染土対策として優れているのか?」(したがって「当該建物の地下はコンクリート空間のままでいいのか、それとも何らかの追加対策をすべきなのか」)であるはずだ(「豊洲に移るべきか、築地で建て替えすべきか」を蒸し返したい向きもあろうが、とりあえず除外する)。

何と言っても、移転当事者である市場関係者(卸、仲買人たち)が安心して豊洲で商売をするための前提条件と、今後の商売に絡む「豊洲市場ブランド」が揺らいでいるのだ。それに築地市場の跡地再開発とそれに連動する都市改造を東京五輪に間に合わせるためにも、もうほとんど時間的余裕はないとのことだ。「犯人探し」は土壌汚染対策が万全となってからじっくりやればよい話だ。

冷静になれば誰でも分かる話のはずだが、興味本位のマスコミが焚き付けることもあり、拳を振り上げた格好になっている都議会とすると、そうなかなか冷静な判断にはならないようだ(小池知事の論点ずらし意図とマスコミ操作の巧さを指摘する声もあるが、ここまで見事な「孫悟空を手のひらで転がす釈迦」振りをみせられると、個人的には政治家としての才能を認めたい)。

こうした論点のズレ、そして優先度の取り違えというのは企業社会でも珍しいものではない。それが意図的に引き起こされる場合もあれば、関係者の大半が真摯に取り組んでいながら生じることもままある。

論点ずらしや優先度の入れ替えが企業でも意図的に引き起こされるというのはあまりに不埒な話だが、例えば組織的な粉飾決算が表面化した際の東芝経営陣を思い起こして欲しい。企業継続性の根幹に関わる「原子力発電事業に本当に将来性があるのか」に焦点が当たらないよう、他の事業体でのリストラ策を矢継ぎ早にマスコミ発表することで世間の目を逸らす意図は明白だった。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

パスファインダーズ社は少数精鋭の戦略コンサルティング会社です。新規事業の開発・推進・見直しを中心としたコンサルティングを提供しています。https://www.pathfinders.co.jp/  弊社は、「フォーカス戦略」と「新規事業開発」の研究会『羅針盤倶楽部』の事務局も務めています。経営者の方々の参加を歓迎致します。https://www.pathfinders.co.jp/app-def/S-102/cms/rashinban  最近のインタビュー記事『ありがちな失敗パターンから学ぶ 新規事業の“正しい”取り組み方』がウェブに掲載されています。経営者またはその予備軍の方々にご覧いただきたく。無料特典(ホワイトペーパー)もついています。 https://inouz.jp/times/pathfinders-1/  『ベテラン幹部を納得させろ! ~次世代のエースになるための6ステップ~』がアマゾンのオンデマンド書籍として上梓されました。本質に立ち返って効果的・効率的に仕事を進めるための、でも少し肩の力を抜いて読める本です。宜しければアマゾンにて検索ください。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。