キャリアカウンセリングで話す、内定ブルーになった時のこと

2016.09.28

組織・人材

キャリアカウンセリングで話す、内定ブルーになった時のこと

増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事コンサルタント

10/1は新卒学生の多くが一斉に入社内定式などに臨む、社会人としてのキャリア確定の日です。苦労して勝ち取った内定にもかかわらず、この時期に及んで、その内定先に不安を感じる学生もいます。これまでさんざん内定を得るために就職対策で相談に来ていた学生が、今度はせっかく獲得した内定に悩んでキャリアカウンセリングに訪れるという時期でもあるのです。

・内定者の立場
内定とは、始期付解約権留保付労働契約といわれ、まだ社員の身分で働いてはいなくとも、その契約を会社が破棄=内定取り消しをすることに大きな枷をかけるものです。日本の会社の解雇規制が働き、社員ではなくとも内定取り消しには大きな制限があります。ではその逆、内定者が内定辞退をするのはどうでしょう。

この規制は労働者保護のためのものですから、労働者側が契約(内定)を反故にすることについては、道義的には大きな問題があっても不可能ではありません。内定目指してまっしぐらに突き進んだ結果、複数内定を得ることも珍しくありませんから、最終的に入社できる1社に絞らなければなりません。

1社に絞ったものの、自分の決定はこれで良かったのか、本当は別の会社に入るのが正解ではないのかと迷ったり後悔し出すことで内定ブルーが生まれます。そのピークはこの10/1内定式前と、4月の本入社前なのです。


・キャリアカウンセリングに来る学生
就活対策、エントリーシートや面接対策の個人指導・相談に比べれば数はぐっと減りますが、内定先の悩みを抱えてキャリアカウンセリングを受けにくる学生は毎年います。親や大学のキャリアアドバイザーではなく、わざわざお金と時間をかけて第三者にキャリアカウンセリングを受けるのはなぜでしょう。

彼ら彼女らはアドバイスを求めに来ているのは間違いないのですが、それは単に正解を指示してほしいのではありません。なぜ今せっかく苦労して得た内定そのものに悩み、その多くは将来への不安と夢のないまぜになった複雑な心境です。内定先への不満を語ることも非常に少なく、一見何に悩んでいるのか傍目にはわかりづらいことでしょう。

私自身はビジネスの経験上、またキャリアの専門家として企業や経営、特に人事の知見は人事コンサルティングや人事相談を長年担当するなど、一定以上持っていると自負しています。社会人として働いた経験のない学生より、私の判断は適切である可能性は高いはずです。それでもこの正解に近い判断を、学生にストレートに伝えるということは、キャリアカウンセリングの場ではまずありません。


・内定ブルーの学生にはどう接するべきか
一見何が不満なのかよくわからない、実際内定先企業がそれほど悪いとも思えない状況で、じっくり学生の話を聞くのは恐らくとても難しいと思います。カウンセラーの傾聴力をもって臨まなければ、聞き手側がしびれを切らして結論を急いでしまうことでしょう。

一番重要なことは、そこです。急がないことに尽きます。正しい判断を伝えること以上に、聞き手側が意見を発するのをがまんし、十二分に学生の話を聞くことが何より欠かせません。カウンセリングに初めて訪れた学生の中には、私が何も示唆を与えず、ただ学生のいうことを聞いているだけの姿勢に疑問を感じる人もいます。「なぜ何もアドバイスをしないのか」と聞かれるのは珍しいことではありません。私は「あなたの状況や考えを聞きたいので、もっと話してほしい。今いった〇〇のこと、詳しく聞かせて」などと話を続けます。

ほとんどすべての学生は善意からでも一方的に社会通念上の判断を提示してくる反応になれているので、さっぱり提示しないカウンセラーには肩透かしを感じるのでしょう。しかし逆に自分の意見をしっかり聞く姿勢は新鮮なのか、この辺りからカウンセラーとの距離は一気に縮まることが多いといえます。

キャリア決定において正しい・間違っているという判断は本当はありません。自分の人生ですから、コンプライアンスに反しない限り、他人の価値観など関係なく決定するのがキャリアです。ただ、コンプライアンス上は問題なくとも、社会通念上明らかに損をする、危険度が高いといった選択はもちろんあります。

貧困学生の存在が問題となり、貧困が原因で希望するキャリアを選べないことが話題になりました。しかし現状が経済的に厳しい環境にあるのであれば、選ぶべき進路もその厳しい経済状況を改善できる可能性が優先されるべきです。経済合理性から見ればそれが正解だと私も思います。しかしそうした正解という結論は、他人に指示されたとしても恐らく納得感が乏しく、もっともな意見だとはわかっても夢を捨てきれないという不整合状況は変わりません。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

増沢 隆太

株式会社RMロンドンパートナーズ 人事コンサルタント

ベッキーから都知事まで、話題の謝罪会見のたびにテレビや新聞で、謝罪の専門家と呼ばれコメントしていますが、実はコミュニケーション専門家であり、人と組織の課題に取組むコンサルタントです。 大学や企業でコミュニケーション、キャリアに関する講演やカウンセリングをたくさん行っています。

フォロー フォローして増沢 隆太の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。