コンセプチュアル思考〈第8回〉 「私は何を売る職業人か」で自分を定義する

画像: Career Portrait Consulting

2016.04.20

組織・人材

コンセプチュアル思考〈第8回〉 「私は何を売る職業人か」で自分を定義する

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

概念を起こす力・意味を与える力・観をつくる力を養う『コンセプチュアル思考』のウェブ講義シリーズ

本連載は今回からPARTⅡ「実践ワーク編」に移ります。コンセプチュアル思考を使って、仕事・キャリアに軸と力を与える演習をしていきます。

さて、コンセプチュアル思考の基本的技術は次の5つです。

 〈1〉定義化  物事の本質をつかみ言葉で表わす
 〈2〉モデル化  物事の仕組みを単純化して図に表わす
 〈3〉類推  物事の核心をとらえ他に適用する
 〈4〉精錬  物事のとらえ方をしなやかに鋭く
 〈5〉意味化  物事から意味を見出す/意味を共有できる形として描く

今回はその1番目にある「定義化」のワークを紹介します。職業人としての自分をどう定義するか、がテーマです。


◆提供価値で自分を定義する

「人は何かを売って生きている」―――単純な言い回しですが、この一文には味わい深いものがあります。そこで、質問です。あなたは「何を売っている職業人」でしょうか?

 「私は自動車販売会社に勤めていて〈クルマ〉を売っています」
 「私はシステムエンジニアをしていて〈情報システム〉を売っています」
 「私はシティホテルで働いていて〈接客サービス〉を売っています」

このように、職業人として自分は何者であるのかを定義するのに、売っているもので表現することはだれでも簡単にできます。即物的に製品・サービスを言えばいいだけですから。

これに対し、コンセプチュアル思考では考える角度が違います。私が行なっている研修では下図のようなシートを使って問いを立てます。



この演習のポイントは、「提供価値」によって、自分のやっている仕事は何なのか、自分は職業人として何者でありたいのかを定義することにあります。

ここでは、自分は自動車販売会社に勤めているから、「私は〈クルマ〉を売っています」とか、自分はホテルで働いているから「私は〈接客サービス〉を売っています」といった答えを求めていません。そうした外側から見るだけの言葉をはめる定義では、本質的なことは何も見えてきません。この空欄を埋めるには、抽象度を上げて自分が何者であるかの本質に迫っていかねばなりません。

つまり、私たち一人ひとりの働き手は、目に見える具体的なモノやサービスを売っているわけですが、もっと根本を考えると、そのモノやサービスの核にある価値を売っています。

たとえば、保険の営業マンは、根本的には「万が一のときの経済的リスクの回避」を売っているといえます。また、新薬の研究開発者であれば、「その病気のない世界」を売っている。財務担当者は「数値による企業の健康診断書」を売っているのかもしれません。そのほか、プロスポーツ選手は「感動と勇気」「筋書きのないドラマ」を届ける職業人でしょう。コンサルタントは「知恵や解決」を届けています。レストランの料理人は、料理を売っているのではなく、「舌鼓を打つ幸福の時間」を売っているととらえられないでしょうか。コメ作り農家は「生命の素」を届ける職業人です。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。